日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 東北六県連 「六魂祭」青森市で開催 27万人が声援送る 本格復興へ新たな道を

5mにもおよぶ「ねぶた」に多くの観客が圧倒された

東北六県の祭りが一堂に集結し、各県が一丸となって震災からの早期復興や東北の元気を国内外に広くアピールする「東北六魂祭2016」が6月25、26日の2日間、青森市で開催された。六魂祭は平成23年の宮城県仙台市での開催を皮切りに、毎年「東北復興」の旗印として行われてきたもの。6回目となる今回で東北各県を一巡したこととなる。2日間合計で約27万人もの観客が駆けつけ、盛り上がりを見せた。

今回の六魂祭には、各県の県庁所在地を代表する「青森ねぶた祭」「秋田竿燈(かんとう)まつり」「盛岡さんさ踊り」「山形花笠まつり」「仙台七夕まつり」「福島わらじまつり」に加え、青森県八戸市の「八戸三社大祭」も特別参加。震災によって失われた活気を呼び戻そうと、1320人が参加した。また、来場者数も昨年度より1万人多い27万人となり、フィナーレに相応しい祭りとなった。

今年のテーマは「跳」。「未来へ跳ねよ、東北の魂。」という熱い思いが込められている。祭りのメーンイベントとなるパレードは、国道を使用した約1kmのコースを設定。沿道からは大きな声援と拍手が送られた。観客は、青森県のみならず、東北各県からも多くの人が駆けつけ、「自分の県の祭りを他県で見るのはとても新鮮な感じがした」などと、笑顔を見せた。

開催地の青森商工会議所は、「六魂祭を通じて東北六県それぞれの祭りがPRできたと思う。また、東北六県が一丸となって元気をPRできたという手ごたえもある。一方で、復興面においてはまだまだな部分もあり、風化させてはいけないとも思う」と話している。

また、祭りの最後には青森市の鹿内博市長から、「なんらかの形でこの六魂祭を継続するよう、助力していきたい」との発言。期待を膨らませる観客たちが歓声を上げた。

次の記事

大分県 別府商工会議所

別府商工会議所(大分県)に事務局を置く「別府観光誘客緊急協議会」(別府市や別府市観光協会などで構成)はこのほど、4月に発生した熊本地震の影響で観光客が激減している別府温…

前の記事

長崎県  松浦商工会議所

松浦商工会議所(長崎県)はこのほど、クラウド会計サービスなどを提供する株式会社マネーフォワードと業務提携し、地方における企業競争力強化につなげるために「MFクラウド地方…

関連記事

東京都 東京商工会議所

東京商工会議所は9月16~18日の3日間、同所1階多目的スペースで「『Withコロナ時代』職場の感染症対策グッズ緊急展示・商談会」を開催した。職場での新型コロナウイルス感染拡…

宮崎県 西都商工会議所

西都商工会議所(宮崎県)は、西都市の市街地活性化の拠点として「まちづくり西都KOKOKARAココカラ」を開所した。名称には「ここから市街地の活性化がスタートする」という意味…

岐阜県 大垣商工会議所

大垣商工会議所(岐阜県)と大垣観光協会が特許庁の地域団体商標に登録出願していた「大垣の木枡」および「大垣の枡」が7月14日に商標登録された。9月4日には、同所交流産業委…