日商 Assist Biz

更新

観光土産品審査会 第56回 経済産業大臣賞

高さ9cm×直径7cm。1客6300円(税抜き)

日本商工会議所と全国観光土産品連盟が1271点の土産品から優れた商品を選定。特に最も優れた商品に授与される大臣賞と日商会頭賞を1品ずつ紹介する。

宮城県仙台市にある「HIROガラス工房」は、表面に砂などの研磨剤を吹き付けて加工する「サンドブラスト」という工業的技術を用いて、さまざまなガラス工芸品を生み出している。宮城県ものづくり大賞など、これまでにも数々の土産展などで表彰されるなど、高い評価を得ている。

受賞作品であるグラスは、仙台随一の祭りである「七夕」をモチーフにしたもの。8オンスのグラスに、仙台七夕のシンボルでもある豪華絢爛(けんらん)な笹飾りのゆらめく姿と、広瀬川に浮かぶ花火を観賞する家族が彫られている。職人の手により一つひとつつくられた商品は、同じものは二つとない貴重なもの。高い技術力による繊細なガラス細工は、ぜひ手に取って使用したくなる逸品に仕上がっている。

審査員は、「増加する外国人観光客に対する土産品として、技を生かしたアイデア、デザインを開発していくことが重要」と話しており、伝統文化に技を詰め込んだこの作品は、日本での思い出の一品となりそうだ。

次の記事

観光土産品審査会 第56回 日本商工会議所会頭賞

かんぴょうといちごのハーモニー

栃木県の特産品の「かんぴょう」とイチゴ「とちおとめ」を使用した「かんぴょうといちごのハーモニー」。斬新ともいえるこのコラボレーション「手...

前の記事

観光土産品審査会 第56回 国土交通大臣賞

着物ボトルウェア 侍

「着物ボトルウェア 侍」は日本語を理解しない人にでも、商品の魅力を届けることができるデザインで、特に外国人観光客から好評だ。お酒好きな人...

関連記事

観光土産品審査会 第61回 vol.7 日本商工会議所会頭賞(食品部門)

canささ 笹かまアヒージョ

笹かまぼこを香り豊かなアヒージョに仕立てた缶詰「canささ 笹かまアヒージョ」。宮城県塩竈で80余年、笹かまぼこをつくり続ける「武田の笹かまぼ...

観光土産品審査会 第61回 vol.6 日本商工会議所会頭賞(菓子部門)

山陰の味 大風呂敷

日本商工会議所会頭賞(菓子部門)に選ばれたのは、鳥取銘菓「山陰の味 大風呂敷」。良質な餅米を使った柔らかいきな粉餅に、鳥取県の特産品である...

観光土産品審査会 第61回 vol.5 観光庁長官賞(全部門より)

からし蓮根

熊本県の代表的郷土料理として知られる「からし蓮根」。レンコンの穴にからしみそを詰め、衣を付けて油で揚げたもので、シャキシャキとした食感と...