日商 Assist Biz

更新

観光土産品審査会 第56回 日本商工会議所会頭賞

20個入りで1000円(税抜き)

日本商工会議所と全国観光土産品連盟が1271点の土産品から優れた商品を選定。特に最も優れた商品に授与される大臣賞と日商会頭賞を1品ずつ紹介する。

株式会社野沢商店は、栃木県の上三川町で長年、特産品の「かんぴょう」を使用した土産品を販売している。このたび日本商工会議所会頭賞(菓子部門)に選ばれた「かんぴょうといちごのハーモニー」は、いずれも栃木県が生産量日本一を誇っている特産品をコラボレーションさせた一品。かんぴょうの触感を残すため、3㎜に細かく刻んだかんぴょうを、県産のイチゴ「とちおとめ」を使用した餡に練り込み、まんじゅうの皮で包みこんだ和菓子だ。

同商品は、業者向けには安定しているが、個人向けの需要に悩むかんぴょう商品の掘り起こしを狙ったもの。「手軽に食べられる土産品」として開発された。

斬新ともいえるこのコラボレーションは、年齢層に関係なく、広く人気を獲得できる菓子として、審査員から注目を集めた。地域の特性を生かしながら、意外な組み合わせで新しい可能性を見いだし、「一度は食べてみたい」と思わせる新感覚の和菓子として、高く評価された。

次の記事

螺鈿の黒檀ストラップ

岩手県盛岡市にある「螺鈿 澤井工房」は、アワビ貝や夜光貝を、漆工芸の技法を使用した螺鈿(らでん)ジュエリーなどを作製している。高級なジュエリーのほかに、気軽に使える「…

前の記事

仙台七夕 グラス

日本商工会議所と全国観光土産品連盟が1271点の土産品から優れた商品を選定。特に最も優れた商品に授与される大臣賞と日商会頭賞を1品ずつ紹介する。宮城県仙台市にある「HIRO…

関連記事

酒勾瓶 一合

安養寺窯(宮城県仙台市)は窯元として、幻の安養寺下窯の復興のため地場産品の開発を目指し、今日に至る。1989年、奈良時代後半から平安時代初期にかけての半地下式の登り窯(安…

金物をデザインした手染めの風呂敷

兵庫県三木市に、森と竹に囲まれた工房を構える竹岱亭(ちくだいてい)。染織(伝統的な型染め/草木染・手織り)・和更紗・石彫・木工・金工(彫金・鍛金)・刃物づくり・トンボ玉を…

明宝トマトケチャップ

今回、日本商工会議所会頭賞に輝いたのは株式会社明宝レディースの「明宝トマトケチャップ」。審査員からは、「実食してみると、トマトの存在感を感じられるところがとても良い…