日商 Assist Biz

更新

観光土産品審査会 第56回 日本商工会議所会頭賞

1個1200円(税抜き)

日本商工会議所と全国観光土産品連盟が1271点の土産品から優れた商品を選定。特に最も優れた商品に授与される大臣賞と日商会頭賞を1品ずつ紹介する。

岩手県盛岡市にある「螺鈿 澤井工房」は、アワビ貝や夜光貝を、漆地や木地などに乗せて研ぎ出す漆工芸の技法を使用した螺鈿(らでん)ジュエリーなどを作製している。職人による手作業にこだわり、糸ノコギリ用いた繊細な透かし彫りを特徴としている。主に黒檀(こくたん)を使用した土台づくりから完成まで一貫して同工房で制作。貝はサクラのような美しく華やかなピンク色が特徴の三陸産のアワビ貝を主に使用している。

平成23年3月11日、東日本大震災で、当時、宮古市にあった工房は津波の被害に遭った。自宅も工房も失ったが、その技は消えなかった。

翌24年、工房の代表でもある職人・澤井正道さんは、さまざまな人の協力を得て、盛岡市に移転することを決意。多くの人に螺鈿の魅力を伝えるため、高級なジュエリーのほかに、気軽に使える「螺鈿の黒檀ストラップ」も手掛けるようになった。同商品には漆を使用していないため、通常のラインナップより手頃な価格となっている。この商品は、澤井さんと妻の晶子さんが共同で開発したものだ。震災を乗り越え、世代を問わず愛される商品として、高い評価を得た。

次の記事

富士山と三猿

日本商工会議所と全国観光土産品連盟が1271点の土産品から優れた商品を選定。特に優れた商品に授与される大臣賞と日商会頭賞を1品ずつ紹介する。富士山の麓、富士吉田市で店を…

前の記事

かんぴょうといちごのハーモニー

栃木県の特産品の「かんぴょう」とイチゴ「とちおとめ」を使用した「かんぴょうといちごのハーモニー」。斬新ともいえるこのコラボレーション「手軽に食べられる土産品」として…

関連記事

酒勾瓶 一合

安養寺窯(宮城県仙台市)は窯元として、幻の安養寺下窯の復興のため地場産品の開発を目指し、今日に至る。1989年、奈良時代後半から平安時代初期にかけての半地下式の登り窯(安…

金物をデザインした手染めの風呂敷

兵庫県三木市に、森と竹に囲まれた工房を構える竹岱亭(ちくだいてい)。染織(伝統的な型染め/草木染・手織り)・和更紗・石彫・木工・金工(彫金・鍛金)・刃物づくり・トンボ玉を…

明宝トマトケチャップ

今回、日本商工会議所会頭賞に輝いたのは株式会社明宝レディースの「明宝トマトケチャップ」。審査員からは、「実食してみると、トマトの存在感を感じられるところがとても良い…