日商 Assist Biz

更新

観光土産品審査会 第56回 日本商工会議所会頭賞

1つ3000円(税抜き)

日本商工会議所と全国観光土産品連盟が1271点の土産品から優れた商品を選定。特に優れた商品に授与される大臣賞と日商会頭賞を1品ずつ紹介する。

富士山の麓、富士吉田市で店を構える「つきや工房」は、和紙や土を使用した民芸品の制作・販売を行っている。どこか懐かしさを感じるオリジナル作品は全て、民芸品作家・小俣宏昌氏の手づくり。固定概念にとらわれず、日本の風習や習慣を今の感性で民芸品として表現したものだ。

作品は、「人の心をやわらげてくれる物であってほしい」というポリシーを貫く。素材そのものから深くこだわり、色、形、雰囲気など、幾度となくつくり直し、納得できる仕上がりになったものだけが店頭に並んでいる。

今回の受賞作品のモチーフである「三猿」は、世界文化遺産「富士山」の価値を構成する資産(構成資産/構成要素)として指定を受けている「冨士浅間神社」の祭神、木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)の使い。そのため地域では昔から信仰の対象となっており、同神社にも三猿の彫刻が残っている。

地域の伝統を詰め込んだ、ぬくもりのある工芸作品。多くの人から愛される土産品として評価を受けた。

次の記事

青森香鮮詰合せ

青森県むつ市で創業した「八戸屋」は、せんべいの製造・販売を行っている老舗菓子店。今回選出された「青森香鮮詰合せ」は人気創作せんべい6種類をセットにし、食感のバリエー…

前の記事

螺鈿の黒檀ストラップ

岩手県盛岡市にある「螺鈿 澤井工房」は、アワビ貝や夜光貝を、漆工芸の技法を使用した螺鈿(らでん)ジュエリーなどを作製している。高級なジュエリーのほかに、気軽に使える「…

関連記事

酒勾瓶 一合

安養寺窯(宮城県仙台市)は窯元として、幻の安養寺下窯の復興のため地場産品の開発を目指し、今日に至る。1989年、奈良時代後半から平安時代初期にかけての半地下式の登り窯(安…

金物をデザインした手染めの風呂敷

兵庫県三木市に、森と竹に囲まれた工房を構える竹岱亭(ちくだいてい)。染織(伝統的な型染め/草木染・手織り)・和更紗・石彫・木工・金工(彫金・鍛金)・刃物づくり・トンボ玉を…

明宝トマトケチャップ

今回、日本商工会議所会頭賞に輝いたのは株式会社明宝レディースの「明宝トマトケチャップ」。審査員からは、「実食してみると、トマトの存在感を感じられるところがとても良い…