日商 Assist Biz

更新

観光土産品審査会 第57回 日本商工会議所会頭賞

26枚入り2000円(税抜)

日本商工会議所と全国観光土産品連盟は11月18日、全国各地の優れた観光土産品を選定する「第57回全国推奨観光土産品審査会」の入賞品を発表した。今回は全国557企業から1121点が出品され、72点が入賞。このコーナーでは、各部門の最優秀商品に授与される大臣賞と、日本商工会議所会頭賞を、8回にわたり紹介する。

青森県むつ市で大正12(1923)年に創業した「八戸屋」は、地域の特産品である南部せんべいの製造・販売を行っている老舗菓子店。昔の伝統を今も受け継ぎ、店舗独自の技術を持つ職人たちが、一枚一枚丹精に焼き上げるせんべいは、世代を超えて愛されている。

この度選出された「青森香鮮(かせん)詰合せ」は、青森県の特産品を生かした人気創作せんべい6種類をセットにしたもの。クッキー生地にピーナツ、カボチャの種をトッピングした厚焼きせんべいのほか、むつ湾産のホタテ、田子町のにんにく、イカ、リンゴのせんべいと、味や食感のバリエーションも豊かな一箱となっている。

審査員からも、「地元の優れた水産、農産の素材をうまく菓子の材料として活用し、せんべいという商品の中に融合させている」と、絶賛の声が上がった。さまざまなシーンで喜ばれる土産品だ。

次の記事

きざみ守口漬

愛知県名古屋市で創業した漬物店「大和屋守口漬総本家」。地域の特産品で世界一長い「守口大根」琥珀(こはく)色になるまでじっくり漬け込み熟成させた「守口漬」。伝統の味と技…

前の記事

富士山と三猿

日本商工会議所と全国観光土産品連盟が1271点の土産品から優れた商品を選定。特に優れた商品に授与される大臣賞と日商会頭賞を1品ずつ紹介する。富士山の麓、富士吉田市で店を…

関連記事

酒勾瓶 一合

安養寺窯(宮城県仙台市)は窯元として、幻の安養寺下窯の復興のため地場産品の開発を目指し、今日に至る。1989年、奈良時代後半から平安時代初期にかけての半地下式の登り窯(安…

金物をデザインした手染めの風呂敷

兵庫県三木市に、森と竹に囲まれた工房を構える竹岱亭(ちくだいてい)。染織(伝統的な型染め/草木染・手織り)・和更紗・石彫・木工・金工(彫金・鍛金)・刃物づくり・トンボ玉を…

明宝トマトケチャップ

今回、日本商工会議所会頭賞に輝いたのは株式会社明宝レディースの「明宝トマトケチャップ」。審査員からは、「実食してみると、トマトの存在感を感じられるところがとても良い…