日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 「縮小社会」再構築安心して幸せにくらせる地域社会づくりのために

「縮小社会」再構築安心して幸せにくらせる地域社会づくりのために

長瀬光市・縮小都市研究会 著

人口縮小社会でも、安心して幸せに暮らせる地域を築くためにはどうすれば良いのか。本書では、「社会的空間」「なりわい空間」「物理的空間」の三つの空間で構成される「地域空間」の理念に基づき、持続可能な都市・地域の在り方を論じる。事例編では、富良野商工会議所および同市まちづくり会社による民間主導のコンパクトなまちづくりについても取り上げられており、商工会議所や民間事業者による地域社会づくりへの在り方にも大きな示唆をもたらす一冊となっている。

(A5判/278頁/2700円(税込み)/公人の友社)

次の記事

丹下一男

担当者必携 障害者雇用入門 丹下一男著 企業の障害者雇用担当者の多くが、自身の仕事にやりがいを感じている一方で、受け入れ方や労務管理などに戸惑いながら手探りで業務を…

前の記事

山上聰/経団連事業サービス人事賃金センター

金融デジタルイノベーションの時代 山上聰著 銀行の未来はソフトウエア会社だ! 近い将来、日本の金融機関は間違いなくグーグルやアリババと戦うことになる。先にやってきた…

関連記事

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する安岡正篤の孫である著者が、…

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが詰まっている。数多くの現場を…

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーとされる。生涯関係した企業の数…