セレクト地域短信 高齢者支援事業を試行 自宅テレビでお買い物

火曜日と金曜日にお届け

三次商工会議所(広島県)は2日、高齢者世帯などに対する買い物支援サービス事業「おつかいピオネット」の実証実験を開始した。同事業は、ケーブルテレビの仕組みを利用して、テレビ画面で近隣のスーパーの商品を注文し、自宅で受け取れるサービスだ。同所や三次ケーブルビジョン、三次フードセンター、三次市などが協力して実施。テレビ画面やリモコンの操作性、商品内容の充実度などを検証の上、本格導入すべきか検討する。

三次市では高齢者世帯の割合が高まっており、それに伴う問題も生じてきている。三次商工会議所が平成27年に実施した「高齢者の買物動向に関するアンケート調査」によると、高齢者や、自由に買い物に出歩くことが難しい「買い物弱者」に対するサービスが必要であることが分かった。そこで同所や、同所が出資する三次ケーブルビジョンなどが中心となり、自宅のテレビ画面で食料品や日用品などを購入できるサービスの導入を検討してきた。

今回の実証実験では、三次ケーブルビジョンに加入しており、かつ契約者が65歳以上の45世帯でモニターを実施。来年2月末まで実証実験を行う。

モニター世帯は、テレビ画面で写真付きの商品を確認の上、リモコンで商品を選択し購入する。上下左右キーや決定ボタンなど、極力少ない操作で注文できるように工夫されている。

注文データが地元のスーパーである三次フードセンター三次店に届き、毎週火曜日と金曜日の2回、モニター宅に商品がまとめて届けられる。代金の回収は、商品の配達時に行う仕組みだ。今回の実証実験では、商品内容などに加え、販売店の受注・配送の手間と利益性、事業地域拡大の可能性、「見守りシステム」とのセット化による福祉面での可能性なども検証している。

モニターになっている人の中には、運転免許を持たない一人暮らしの高齢者もいる。そのようなモニターからは、「足や腰が痛く思うように外出できない日に、自宅で買い物できると助かる」といった声が上がっている。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

次の記事

セレクト地域短信 空き家の利活用推進 行政・企業と協定締結

福井県 鯖江商工会議所

鯖江商工会議所(福井県)は10月16日、鯖江市などと「空き家利活用を通じた地域活性化連携協定」を締結した。同日に行われた締結式には、同市の牧...

前の記事

セレクト地域短信 環境経営の事例集作成 「エコの知恵」で競争力強化

京都府 京都商工会議所

京都商工会議所はこのほど、小冊子『知恵で拓くeco経営~無理なく、無駄・ムラなくして経営力向上~』を作成した。同小冊子は、環境負荷の低減と企...

関連記事

セレクト地域短信 はっさくん年賀状作成 今年の干支「寅」とコラボ

広島県 因島商工会議所

因島商工会議所(広島県)はこのほど、「2022年はっさくん年賀状」の画像データを作成した。年賀状は、尾道市因島が発祥の柑橘「八朔(はっさく)」...

セレクト地域短信 「仙台初売り」2日開幕 豪華福袋で盛り上げ

宮城県 仙台商工会議所

仙台商工会議所(宮城県)は、1月2日に開幕する恒例の伝統行事「仙台初売り」を各種催事で盛り上げている。初売りでは、各店舗や商店街が感染症対...

セレクト地域短信 大通りでだるま市 ドライブスルー販売も

群馬県 高崎商工会議所

高崎商工会議所(群馬県)などが協力する「高崎だるま市実行委員会」は1月1日と2日、市の伝統工芸品である「だるま」の毎年恒例イベント「高崎だる...

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする