日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 高齢者支援事業を試行 自宅テレビでお買い物

火曜日と金曜日にお届け

三次商工会議所(広島県)は2日、高齢者世帯などに対する買い物支援サービス事業「おつかいピオネット」の実証実験を開始した。同事業は、ケーブルテレビの仕組みを利用して、テレビ画面で近隣のスーパーの商品を注文し、自宅で受け取れるサービスだ。同所や三次ケーブルビジョン、三次フードセンター、三次市などが協力して実施。テレビ画面やリモコンの操作性、商品内容の充実度などを検証の上、本格導入すべきか検討する。

三次市では高齢者世帯の割合が高まっており、それに伴う問題も生じてきている。三次商工会議所が平成27年に実施した「高齢者の買物動向に関するアンケート調査」によると、高齢者や、自由に買い物に出歩くことが難しい「買い物弱者」に対するサービスが必要であることが分かった。そこで同所や、同所が出資する三次ケーブルビジョンなどが中心となり、自宅のテレビ画面で食料品や日用品などを購入できるサービスの導入を検討してきた。

今回の実証実験では、三次ケーブルビジョンに加入しており、かつ契約者が65歳以上の45世帯でモニターを実施。来年2月末まで実証実験を行う。

モニター世帯は、テレビ画面で写真付きの商品を確認の上、リモコンで商品を選択し購入する。上下左右キーや決定ボタンなど、極力少ない操作で注文できるように工夫されている。

注文データが地元のスーパーである三次フードセンター三次店に届き、毎週火曜日と金曜日の2回、モニター宅に商品がまとめて届けられる。代金の回収は、商品の配達時に行う仕組みだ。今回の実証実験では、商品内容などに加え、販売店の受注・配送の手間と利益性、事業地域拡大の可能性、「見守りシステム」とのセット化による福祉面での可能性なども検証している。

モニターになっている人の中には、運転免許を持たない一人暮らしの高齢者もいる。そのようなモニターからは、「足や腰が痛く思うように外出できない日に、自宅で買い物できると助かる」といった声が上がっている。

次の記事

セレクト地域短信 空き家の利活用推進 行政・企業と協定締結

福井県 鯖江商工会議所

鯖江商工会議所(福井県)は10月16日、鯖江市などと「空き家利活用を通じた地域活性化連携協定」を締結した。同日に行われた締結式には、同市の牧...

前の記事

セレクト地域短信 環境経営の事例集作成 「エコの知恵」で競争力強化

京都府 京都商工会議所

京都商工会議所はこのほど、小冊子『知恵で拓くeco経営~無理なく、無駄・ムラなくして経営力向上~』を作成した。同小冊子は、環境負荷の低減と企...

関連記事

セレクト地域短信 コロナ対策実施事業所を掲載

新潟県 新潟商工会議所

新潟商工会議所はこのほど、新型コロナウイルス感染症対策を行っている会員事業所の一覧をホームページに公開した。同所はかねてより、飲食店が自...

セレクト地域短信 創立80周年ロゴマークデザイン募集中

広島県 三原商工会議所

三原商工会議所(広島県)はこのほど、創立80周年を記念して同所を象徴した「ロゴマークデザイン」の募集を開始した。募集するデザインは、地域総...

セレクト地域短信 空き家対策で協定締結 相談対応など7団体連携

滋賀県 八日市商工会議所

八日市商工会議所(滋賀県)、滋賀県宅地建物取引業協会、滋賀県建築士会、滋賀県土地家屋調査士会、滋賀弁護士会、滋賀県司法書士会、東近江市商...