日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 観光振興の新組織発足 広域でルート開発

記者発表会に参加した東濃地域6商工会議所会頭ら

岐阜県内の6商工会議所(多治見、中津川、土岐、瑞浪、恵那、可児)と中部経済連合会(中経連)が連携し、観光振興に取り組む新組織「ツーリズム東美濃協議会」が11日に発足した。観光資源や地場産業、歴史、文化などを結び付け、6市の魅力を国内外にアピールする。2020年の東京オリンピック・パラリンピックや27年のリニア中央新幹線開業・岐阜県駅設置などに向け、観光資源の発掘によるさらなる観光客の誘致を目指す。

ツーリズム東美濃協議会を構成するのは、岐阜県東濃地域の6商工会議所と中経連。同協議会の会長には、恵那商工会議所副会頭で恵那市観光協会会長の阿部伸一郎氏が就任した。

同協議会では、複数の名所をつなぐ観光ルートづくりや、不足する宿泊施設の整備などを検討する。観光ルートづくりにおいては、5月に設立された中央日本総合観光機構とも連携する。

東濃地域の6商工会議所は、中小企業振興や観光振興、まちづくりなど幅広い分野において情報交換を行うために、会頭、副会頭らで構成する「東濃6市商工会議所連絡協議会」を以前から定期的に開催している。昨年10月に、中経連の豊田鐵郎会長が同協議会に出席したことがきっかけとなり、観光を軸とする地域振興に取り組む組織を立ち上げることになった。

11日に開催したツーリズム東美濃協議会の発足記者発表会では、同協議会の阿部会長が「現在は外国人も含め、日帰りの観光客ばかり。滞在型となる観光地を目指したい」と説明した。また、多治見商工会議所会頭で東濃6市商工会議所連絡協議会会長の田代正美氏は「地域が自ら稼ぐ力を高めることが重要。観光は地域にとって重要な戦略産業になり得る」と述べた。

ツーリズム東美濃協議会の今後の活動として、ワーキンググループメンバーによる会議を月1回開催する予定。また、9月には、訪日外国人をメインターゲットとする、着地型観光の視察を計画している。

次の記事

神奈川県 大和商工会議所

大和商工会議所(神奈川県)に事務局を置く大和市特産品・推奨品協議会は、同協議会が認定する特産品および推奨品を紹介する専用サイトを開設した。同サイトで紹介されている特産…

前の記事

千葉県 君津商工会議所

君津商工会議所(千葉県)の国際交流委員会は6月14~18日の5日間、第12回海外視察研修を実施し、シンガポールとマレーシアを訪問した。低い法人税率や積極的な企業誘致策などでビ…

関連記事

岩手県 久慈商工会議所

久慈商工会議所(岩手県)は、新型コロナウイルスの影響を受けている飲食・交通業などの消費喚起を促し地域経済の活性化につなげるため、久慈市の事業委託を受け、市内で使える商…

福岡県 田川商工会議所青年部

田川商工会議所青年部(福岡県、田川YEG)は、会員事業者が店頭などに掲示して新型コロナウイルス拡大防止対策をアピールできるA4判ポスター「安心安全対策おしながき」を5千部制…

岡山県 総社商工会議所

総社商工会議所(岡山県)は、総社市の魅力や企業情報・採用情報、イベント情報などを発信する「そうじゃのミライ」プロジェクトの一環として、YouTubeに専用チャンネルを開設し…