テレワーク実施企業 労働生産性1.6倍に 総務省調査

総務省はこのほど、企業などにおける情報通信サービスの利用状況などについて調査した「平成28年通信利用動向調査」の結果を取りまとめた。ICTを利活用している企業の方が、利活用しない企業よりも、いずれも1社当たりの労働生産性が高い結果となった。

具体的には、テレワークを実施している企業は約1・6倍、ICT教育を実施している企業は1・3倍、クラウドサービスを利用している企業は1・3倍、無線通信技術を利用したシステムやツールを導入している企業は約1・2倍、利活用していない企業よりも労働生産性が高かった。

詳細は、http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin02_02000112.htmlを参照。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする