日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 彦根の会報がリニューアル

オールカラーの『不易流行』

彦根商工会議所(滋賀県)が4月に会報『不易流行』をリニューアルした。オールカラーにするなど、さまざまな新しい試みに挑戦中だ。

「会議所を活用するメリットを伝える手段として、会報は大きな役割を持っている。内容を充実させ、会議所の活動を広くPRしていきたい」と意気込む小出英樹会頭は、自ら編集長となり企画・取材・執筆を担当。コンテンツの充実に力を注ぎ、毎月特集を組んでいる。「そのときの課題が特集のテーマになる」と志賀谷光弘専務は言う。特集のほかにも、観光やまちづくりなど、さまざまなテーマで他の会議所の取り組みを取材して紹介することもあり、古原成規業務課長と会報担当者が日々奮闘している。

また、広告にも工夫があり、会員企業の広告をクーポンとして掲載することで、各企業自慢の商品やサービスを読者に実際に使ってもらおうと試みている。

今回のリニューアルに伴い、オンデマンド印刷を活用。製作費を以前の半分にまで削減することに成功した。地元の写真家が撮影した市内の美しい景色を楽しめる表紙も見どころだ。

次の記事

セレクト地域短信 会津若松女性会 外国人女性招き交流会 着物通じて異文化学ぶ

福島県 会津若松商工会議所

会津若松商工会議所女性会(福島県)は6月23日、会津若松市の会津大学構内で、「女性会サロン・知っているようで知らない『着物』アレコレ…」を開催...

前の記事

セレクト地域短信 6割超が「人手不足」 建設・非製造業は深刻

大阪府 大阪商工会議所

大阪商工会議所はこのほど、会員企業を対象とした「雇用状況に関する緊急調査」の調査結果を発表した。調査対象は資本金10億円以下の1707社。有効...

関連記事

セレクト地域短信 サイクリングイベント開催中

茨城県 水戸商工会議所

水戸商工会議所(茨城県)では、1人でも楽しめるサイクリング企画「チャリンコ★ステークス FOR Solo ride」を開催している。同事業は、今年度継続...

セレクト地域短信 地域防災の推進に 行政、自治会と包括協定

神奈川県 小田原箱根商工会議所

小田原箱根商工会議所(神奈川県)、小田原市、小田原市自治会総連合の3者は、防災に関する包括連携協定を8月30日に締結した。同協定は、小田原市の...

セレクト地域短信 9色の風船が大空彩る 市民の願いを乗せて

石川県 白山商工会議所

白山商工会議所(石川県)は、風船に市民の夢や希望が書かれたメッセージカードを付けて大空へ放つイベント「サマーフェスティバルHAKUSAN2021」バ...