空き地活用策求める まちの活性化へ意見

まちづくりに関する意見(抜粋)

日本商工会議所は5月30日、まちの活性化に向けて空き地・空き店舗の利活用促進策などを求める意見書を取りまとめ、政府など何系各方面に提出した。

意見書では、平成26年に改正された中心市街地活性化法や都市再生特別措置法など対する評価は必ずしも高くなく、実績としても法制度を活用した取り組みが増大しているとは言い難い状況にあると分析。空き地・空き店舗の利活用の停滞、まちづくりのリーダー・担い手の不在が、依然として、まちづくりの大きな課題となっていると指摘した上で、まちの再生・活性化に向けた施策を求めている。

具体的には、「コンパクトなまちづくりのさらなる後押し」「交通ネットワークの整備・再構築の推進」「関連施策との連携によるコンパクト+ネットワークのさらなる深化」「まちづくり会社などの事業推進主体への支援の拡充」の4分野で政府が対応すべき事項を提言。問題の解消策として、老朽店舗の解体・更地化に係る助成制度の創設、空き地・空き店舗を利活用した所有者に対する税制優遇措置などを挙げた。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする