日亜経済委 経済改革実現に期待 官民フォーラム開催

あいさつする小林委員長(中央)

日本・東京商工会議所が事務局を務める日亜経済委員会(委員長=小林健・三菱商事会長)などは5月12日、「日アルゼンチン官民経済フォーラム」を都内で開催し、両国政府、経済界などから約140人が出席した。

小林委員長は、昨年誕生した新政権について、「変革のイニシアチブを歓迎するとともに、両国関係が幅広い分野で重層的に築かれるよう努力していきたい」と強調。出席した日本企業関係者からは今後の二国間経済連携協定や投資協定などの法的枠組みの構築に向けた要望が出された。

ガブリエラ・ミケティ・アルゼンチン副大統領は、「優先的に日本との貿易・経済関係の構築を進める。日本のこれまでの経験を学び、日亜官民参加のもとアルゼンチンの経済改革を成功させたい」と述べ、日本企業からの投資拡大に期待を示した。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする