日商 Assist Biz

更新

観光土産品審査会 第57回 日本商工会議所会頭賞 おんせん県まんじゅう

ミルク風味5個、抹茶風味5個(合計10個)で、1000円(税抜き)

「全国推奨観光土産品」として選定された観光土産品の中から、特に優秀と認められ、大臣賞と日本商工会議所会頭賞に選ばれた商品を8回にわたり紹介する。

日本商工会議所会頭賞 おんせん県まんじゅう

温泉の源泉数・湧出量ともに全国1位の大分県は「おんせん県」の名でも知られている。海外からその湯を楽しみに訪れる観光客も多く、同県ではそのおもてなしに湧いている。

そんな大分で明治39(1906)年に創業した老舗御菓子司「高橋水月堂」が手掛けた「おんせん県まんじゅう」。この南蛮菓子は、地元の戦国大名・大友宗麟に由来する。

彼の庇護(ひご)を受け日本で初めてこの地に診療所を設立したポルトガル人のアルメイダ医師が当時、施設の乳幼児にミルクを飲ませていた事実にちなみ「ミルク風味」の餡を、また、宗麟公が茶人であったことから「抹茶風味」の餡を作製。この2つの餡を県産の小麦粉や米粉でつくったクッキー生地で包み込んだ。

今年度から新たに設置された「グローバル部門」で、見事、日商会頭賞を受賞。外国人観光客に見た目だけでなく歴史的背景を伝える品が選ばれた。

次の記事

千葉めぐり

千葉県にある老舗和菓子店「なごみの米屋」。収穫量日本一の落花生をかたどった最中と饅頭、2種の詰め合わせ「千葉めぐり」。成田国際空港も近いことから、外国人観光客からも…

前の記事

きざみ守口漬

愛知県名古屋市で創業した漬物店「大和屋守口漬総本家」。地域の特産品で世界一長い「守口大根」琥珀(こはく)色になるまでじっくり漬け込み熟成させた「守口漬」。伝統の味と技…

関連記事

酒勾瓶 一合

安養寺窯(宮城県仙台市)は窯元として、幻の安養寺下窯の復興のため地場産品の開発を目指し、今日に至る。1989年、奈良時代後半から平安時代初期にかけての半地下式の登り窯(安…

金物をデザインした手染めの風呂敷

兵庫県三木市に、森と竹に囲まれた工房を構える竹岱亭(ちくだいてい)。染織(伝統的な型染め/草木染・手織り)・和更紗・石彫・木工・金工(彫金・鍛金)・刃物づくり・トンボ玉を…

明宝トマトケチャップ

今回、日本商工会議所会頭賞に輝いたのは株式会社明宝レディースの「明宝トマトケチャップ」。審査員からは、「実食してみると、トマトの存在感を感じられるところがとても良い…