大牟田 博多どんたくに参加 世界遺産登録を記念

パレードの模様

大牟田商工会議所(福岡県)が事務局を務める「大牟田市制100周年記念世界遺産祝賀博多どんたく隊実行委員会」は、大牟田市の市制100周年や同市内の三池炭鉱関連資産の世界文化遺産登録を記念し、さらに「おおむた大蛇山まつり」をアピールするため、5月3日に開催された「博多どんたく港まつり」に参加した。

同所による博多どんたくへの参加は18年ぶり。当日は、総勢約200人の「どんたく隊」がパレードに参加し、市制100周年と世界遺産登録を記念する横断幕を掲げ、大蛇山まつりの山車、踊り子隊と共に行進した。

博多どんたくは、800年を超える歴史を持つお祭り。毎年5月3、4日の2日間で開催し、老若男女が思い思いの仮装でシャモジを叩いて町を練り歩き、町に作られた舞台、広場で踊りを披露する。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする