12月は「国家公務員倫理月間」

人事院に置かれる国家公務員倫理審査会は、12月を「国家公務員倫理月間」として、各種啓発活動を実施する。

企業と国家公務員が接する際、企業と「利害関係」(契約関係、許認可の申請、立入検査を受けるなど)のある国家公務員に対し、例えば、金銭、物品などの贈与をすること、車による送迎など無償のサービスを提供すること、供応接待をすること(国家公務員が「自己の費用」を負担している場合、飲食は可能)の行為をすると、相手方の国家公務員が倫理法・倫理規程違反に問われる。また、「利害関係」がない場合でも、社会通念上相当と認められる程度を超えて、供応接待や財産上の利益の供与を行うと、それを受けた国家公務員が倫理法・倫理規程違反に問われる。

具体的な行為の可否について疑義がある場合は、相手方の国の機関または倫理審査会に問い合わせを。倫理法・倫理規程に違反すると疑われる行為に気付いた際には、「公務員倫理ホットライン」まで。

<公務員倫理ホットライン>rinrimail@jinji.go.jp

(郵送、電話、FAXでも受け付ける。通報者の氏名などは窓口限りで、通報により不利益とならないよう万全を期している。

詳細は、https://www.jinji.go.jp/rinri/new/gekkan2020.htmlを参照。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする