海外展開を後押し 「支援担当」全国に設置

日本商工会議所は4月15日、各地商工会議所と会員企業の海外展開や国際ビジネス支援の一層の強化に向けた取り組みを行う「海外展開イニシアティブ」を創設した。

商工会議所間で情報共有と連携を促進するため、会員企業の海外展開や国際ビジネス支援に取り組む各地商工会議所とネットワークを構築。日商国際部内に「海外イニシアティブ担当」を新設し、ノウハウの共有やシナジー効果の発揮に向け、商工会議所向け、会員企業向けに対するきめ細かな支援を行う。

具体的には、各地商工会議所が主催する海外展開関連セミナーの開催支援や、商工会議所や会員企業の取り組み事例を共有。ジェトロやJICAをはじめとする関係機関などとの連携も強化し、新たな海外ビジネスチャンスの機会を創出する。

会員企業向けには、電子商取引(EC)を活用した海外への販路開拓支援、海外視察会の実施支援、会員企業の安全保障貿易管理支援など、多様な支援とサービスを提供。各地商工会議所に置く「海外展開支援担当」(仮称)と緊密な連携の下、中小企業の海外展開を推進していく。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする