セレクト地域短信 アメリカバイソン寄贈 創立100周年記念に

おびひろ動物園へ寄贈したアメリカバイソン

帯広商工会議所(北海道)は、同所の創立100周年を記念して、地元のおびひろ動物園に2021年のえとでもあるウシ科のアメリカバイソン2頭を4月29日に寄贈した。同所と動物園は、昨年9月に観光戦略づくりなどで意見交換。地域の魅力向上に向けた連携強化に乗り出している。

同所の観光サービス部会と動物園は、昨年9月に「民間視点での観光戦略づくり並びに連携構築に向けたおびひろ動物園との懇談会」を初めて開催。動物園が市の貴重な観光資源であることに着目し、園内の視察や現況の意見交換を行うなど、帯広の観光振興に力を入れている。今回の記念事業でさらに結び付きが強まり、観光分野での連携強化につながる可能性もある。

動物園へは、2頭のバイソンのほか解説パネルも寄贈。パネルでは、北米に生息していた約6千万頭のバイソンが、大規模な乱獲により急速に減少したことなどの経緯が説明されている。このような歴史を踏まえ同所は、「地球上には、今まさに絶滅の危機にある動物たちがいる。私たち人間は、バイソンの歴史から学んでいかなければならない」と記載し、動物の大切さを周知するものとした。

園内で行われたセレモニーでは同所の川田章博会頭が「バイソンは乱獲で絶滅寸前となった歴史がある。北アメリカの大地を想像してもらうとともに、野生動物を大切にする子どもが成長してほしい」とあいさつした。

動物園では、多いときで8頭のバイソンを飼育していたが、今年1月に最後の一頭だった雄の「ステッファー」の死によりバイソン舎は主が不在となっていた。セレモニー当日は、道内唯一のバイソンを一目見ようと多くの地元客でにぎわった。

同園は、寄贈された2頭の愛称を募集し、1590件の応募の中から雄が「グラン」、雌が「サクラコ」に決定。6月27日に開催予定のアメリカバイソン寄贈記念講演会で、名付け親になった人を表彰する。

次の記事

セレクト地域短信 サクヤヒメ会議始動 女性目線で万博盛り上げ

大阪府 大阪商工会議所

大阪商工会議所は、一人一人が「2025大阪・関西万博」とどう関わるか、何ができるかなどを考える「第1回万博サクヤヒメ会議」を5月26日に開催し、3...

前の記事

セレクト地域短信 工事現場を親子で見学 建設業の魅力発信

静岡県 島田商工会議所

島田商工会議所(静岡県)は、市内の小学校5~6年生とその保護者および中学生を対象に、現在建設中である地元小学校体育館の工事現場の見学会を5月...

関連記事

セレクト地域短信 抗原検査センター設置 無料、予約不要で簡単に

大分県 宇佐商工会議所

宇佐商工会議所(大分県)は、宇佐市と共同で市内に無料で新型コロナウイルス感染症の抗原検査を行う「うさ抗原検査センター」を5月16日から6月30...

セレクト地域短信 地元食材、パエリアで提供 ふるさと納税返礼品に活用

山口県 下松商工会議所

下松商工会議所(山口県)が特産品の養殖魚「笠戸ひらめ」を活用して商品開発した缶詰の炊き込みご飯の素「笠戸ひらめパエリアの素」が、6月に市のふ...

セレクト地域短信 クラダシと連携協定 無料会員限定

岐阜県 大垣商工会議所

大垣商工会議所は、フードシェアリングのショッピングサイト「KURADASHI」を運営するクラダシと、食品ロス削減に向けた連携協定を4月7日に締結した...