新しい資本主義実現会議 官民で賃上げ環境整備 三村会頭 一律の対応に難色

会議で発言する日商の三村会頭(右から2人目)

政府はこのほど、「新しい資本主義実現会議」(議長・岸田文雄首相)の第3回会合を首相官邸で開催した。岸田首相は、来年の春闘で、業績がコロナ禍以前の水準を回復した企業について、「3%を超える賃上げを期待する」との考えを表明。同時に「民間企業の賃上げを支援するための環境の整備に全力で取り組む」と述べた。

会議に出席した日本商工会議所の三村明夫会頭は、中小企業を取り巻く事業環境と賃上げについて「K字型回復の中、中小企業でも付加価値を増加させている事業者には、ぜひとも積極的な賃上げを期待する」との考えを表明。一方で、「業種によっては厳しい事業環境が続き、交易条件が悪化している中で、賃上げ原資となる付加価値余力に乏しい中小企業に対して、一律に賃上げを求めることは不適切」との考えを強調した。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする