日商 Assist Biz

更新

i-BOX 今月の情報宅配便!! ひまわり油「北の耀き」で地元アピール

丹誠込めて栽培されるひまわりを使用

ひまわり工房

「太陽のまち」といわれる北海道名寄市。道北に位置し、晴天率の高さからひまわりの栽培に適した環境ということで、まちの象徴として1987年からひまわり栽培がスタートした。

当初は夏の観光のシンボルとして定着していた観賞用のひまわりだったが、試行錯誤の結果、民間の有志によって産業用へと移行した。2009年からは、本格的にひまわりの栽培・搾油事業が始まり、ひまわり油「北の耀き」が誕生した。

7月下旬から見頃を迎え、8月にかけて満開になる名寄のひまわり畑の眺めは、多くの観光客を魅了する。北の大地の厳しい環境で短い夏を経て成長したひまわりが、秋にはぎっしりと油を蓄えた種を付ける。東京ドーム6倍に相当する30 haの畑から取れるひまわりの種を原料につくられるのが「北の耀き」だ。昔ながらの圧搾法で搾る生一番搾りで、食品添加物は一切使用しないのが最大の特徴。オレイン酸とビタミンEを豊富に含む黄金色の健康食用油として口コミで話題となっている。

100%地元産にこだわる姿勢を貫き、パッケージの箱にも同市内の製紙工場の防錆紙を使用している点や、製造過程で出る搾りかすを良質な飼料や肥料として再利用できる、環境にやさしい商品というのも魅力。地域産業の振興につながるビジネスモデルとして、多くの事業者から注目されている。

お問い合わせ

所在地:北海道名寄市西3条南3丁目

電話:01654-2-2265

HP:http://www.kitanokagayaki.jp/

次の記事

東京都 青梅商工会議所

水に浮かべると1秒以内に沈み始める、吸水性に優れた「1秒タオル」で一躍話題となったタオルメーカーのホットマン。本誌2017年3月号の『長寿企業の秘密』でも紹介した同社が、…

前の記事

岐阜県 神岡商工会議所

本誌2018年9月号で紹介したレールマウンテンバイク「ガッタンゴー」が、18年度国土交通省「手づくり郷土(ふるさと)賞」を受賞した。自転車と廃線後の鉄路を組み合わせたアクテ…

関連記事

長野県 佐久商工会議所

基板にはんだペーストを印刷する際に使用する、メタルマスクの作製を主とする長野県佐久市のタク技研。高精度レーザーで加工されるメタルマスクは、家電メーカー・自動車関係・…

山形県 米沢商工会議所

電子機器の開発・設計から量産までの一貫体制で、製品を提供している山形県米沢市の創成電子はこのほど、医療機器製造販売業者バイオエコーネットからの製造の委託を受け、非接…

秋田県 横手商工会議所

本誌2019年5月号でご紹介した秋田県横手市の物流事業者ヨコウンはこのほど、環境負荷軽減車両の導入やエコドライブの効果により、CO2の排出の削減(19年度の排出量が17年度比で…