日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 復興大臣から感謝状 継続支援が高い評価

贈呈された感謝状を持つ太田会頭(右)と復興庁の錦織参事官

刈谷商工会議所(愛知県)は、現在も継続実施している同所の東日本大震災被災地支援事業が評価され、9月27日、同所を訪問した復興庁の錦織功政参事官より太田宗一郎会頭に復興大臣名の感謝状が贈呈された。

同所は、震災後、全国の商工会議所ネットワークを活用して実施された「遊休機械無償マッチング支援プロジェクト」において、提供機械数が最も多かったほか、被災地商工会議所に軽トラック・自動車、電気自動車などを寄贈した。

同プロジェクト終了後の2016年度からは、宮城県地域産業資源に認定されている「ずんだ」(枝豆をゆでてすりつぶしたもの)を活用した新商品開発事業を開始。仙台商工会議所(宮城県)、東京製菓学校と連携して商品を考案し、同所会員事業者5店の協力を得て8品を販売した。

17年度は、刈谷市民への認知度向上などを目的にずんだ餡(あん)を活用した「アイデアお菓子・パンコンテスト」を開催。応募55作品の中から上位3作品を商品化、会員事業者7店の協力を得て販売した。この2年間で購入したずんだ餡は、1・4トンに達した。

同所は「今後も復興支援を続けていく」と力強く話している。

次の記事

セレクト地域短信 地元産イチゴをアピール 特別メニューが好評

滋賀県 守山商工会議所

守山商工会議所(滋賀県)が、地元イチゴ農家と共に企画・開発を進めている「MORIYAMA STRAWBERRY Project 365」は、守山産のイチゴを一年中楽しめる...

前の記事

セレクト地域短信 ベトナム会議所と覚書 IoT活用した協力推進

静岡県 袋井商工会議所

袋井商工会議所(静岡県)は9月22日、ベトナム商工会議所(VCCI)の訪問団を迎えてベトナム経済講話、IoTフォーラムおよび第2次MOU(協力協定覚書)調印...

関連記事

セレクト地域短信 VR技術で店舗を紹介 コロナ後の集客増狙う

北海道 札幌商工会議所

札幌商工会議所(北海道)はこのほど、VR技術を活用し、市内飲食店や土産店、観光施設などを3D画像で紹介するサイト「Sapporo Virtual Street」を...

セレクト地域短信 芍薬の切り花プレゼント 新たな観光資源の一つに

三重県 鈴鹿商工会議所

鈴鹿商工会議所(三重県)などで構成するSUZUKA産学官交流会では、市内在住者に抽選で市の特産品である「芍薬の切り花」をプレゼントするキャンペ...

セレクト地域短信 特産品を詰め合わせ オリジナルのギフトに

静岡県 掛川商工会議所

掛川商工会議所(静岡県)はこのほど、地場産品を販売する「これっしか処」と共同で、掛川市の特産品を自由に詰め合わせできるギフトセット「KORED...