日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 ラグビーW杯盛り上げ 外国人向けにマップ制作

飲食店や名所を紹介するリーフレット

福岡商工会議所は、9月20日に開幕した「ラグビーワールドカップ(W杯)2019日本大会」の期間中、福岡を訪れる県内外のラグビーファンや外国人にまちを楽しんでもらおうと、地域の飲食店や観光名所を紹介したリーフレット「FUKUOKA KICKOFF MAP(フクオカ キックオフ マップ)」を制作した。同大会は11月2日まで全国12会場で行われ、福岡では3試合を開催。欧米豪を中心に多くの観客が見込まれ、経済効果が期待されている。

リーフレットは折り畳み式のA5サイズで日英2カ国語に対応。飲食店や観光名所のほかパブリックビューイングやラグビー関連の情報、九州のイベント情報なども掲載した。8万部制作し、福岡市内のホテルや観光案内所、福岡市役所、福岡空港、試合開催日を中心にJR博多駅前広場に設けられるファンゾーン横などで配布している。ウェブ版もあり、こちらはフランス語を加えた3カ国語で閲覧が可能だ。

また、外国人客へのもてなしを充実させるため、飲食店事業者向けのインバウンド対応ガイド動画も制作。外国人客に対する苦手意識などから販売機会を逃さないよう、誘客・接客の仕方を分かりやすく説明している。さらに大会期間中、同所職員は、福岡での試合開催日をはじめ、日常の事業所巡回や大会PRを目的としたイベント開催時に「ラグビー応援ポロシャツ」を着用。大会を盛り上げる。

同所担当者は「訪れた人には福岡、九州を楽しんで良いイメージを持ってほしい。リピーター化、インバウンド拡大につながるよう最大限のおもてなしをしたい」と意欲を見せている。リーフレットやインバウンド対応ガイド動画はラグビーW杯特設ページを参照。

次の記事

新潟県 亀田商工会議所青年部

亀田商工会議所青年部(新潟県、亀田YEG)は9月1日、同YEG創立60周年記念事業として式典と記念事業、併せて「わく灯篭まつり」を開催した。同事業では「地域と家族」をテーマに「…

前の記事

北海道 札幌商工会議所

札幌商工会議所(北海道)は、夜間観光サービスを掲載したウェブサイト「サッポロナイトパッケージ」を開設し、札幌市内の夜間観光スポットの活性化を目的とする実証実験をスター…

関連記事

東京都 青梅商工会議所

青梅商工会議所(東京都)は11月14日、市内の工場をオンラインで見学できる「おうめオンラインオープンファクトリー」を開催した。昨年11月に30社が参加して初開催した工場見学…

福井県 福井商工会議所

福井商工会議所は、コロナ禍で売り上げが落ち込む飲食店などを支援するための販売促進キャンペーン「秋のおでかけ弁当&スイーツフェア」を10月23日~11月8日に、初めて開催した…

愛媛県 伊予商工会議所

伊予商工会議所(愛媛県)は、小規模事業者の販売促進・新規顧客の開拓などを目的に、11月1日から「スマホでお得なWEBクーポン!」事業を実施している。利用者は、参加店20店舗…