日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 地元野菜のサイダー開発 農商工・産学官連携で実現

本庄商工会議所(埼玉県)は本庄市のまちづくり会社・シェイクハンド株式会社(同)と共に地元野菜100%のサイダー「本庄六つ野菜だー(むつや・さいだー)」を開発し、2019年12月末より販売を開始した。

同事業は、同市の野菜出荷量が県内3位という点を生かした農商工・産学官連携事業で、6次産業の推進と地場産業の活性化、観光振興を図ることを目的に進められてきた。一般的なサイダーは甘い炭酸飲料というイメージだが、同商品は一風変わった大人の味。カリフラワー、キュウリ、ブロッコリー、トマト、ニンジン、ネギという6種類の本庄産野菜を使用し、無添加にこだわって開発した。無色透明なのにそれぞれの野菜の風味が感じられる、体にやさしいご当地サイダーだ。

ラベルのイラストは本庄高校美術部の生徒が手掛けたもので、パッケージデザインにもこだわった。そのほか、埼玉ひびきの農業協同組合、観光協会、ミネラルウオーター製造会社などの協力を得た。ドリンクとしてはもちろんだが、焼酎やウイスキーなどの割材として使用する「本庄割り」、パンケーキの生地に練りこんだり、煮込み料理に使うなど、さまざまな活用方法が考えられている。

詳細は、https://www.honjocci.or.jp/info/2019/12/honjomutsuyacider201912.htmlを参照。

次の記事

滋賀県 長浜商工会議所

長浜商工会議所は昨年12月1日、同所新会館の竣工(しゅんこう)式を挙行した。同所は1931年に創立。旧会館は60年に建設され、約60年間、同県北部(湖北)地域の経済を支える拠点…

前の記事

愛知県 瀬戸商工会議所

瀬戸商工会議所と瀬戸市、瀬戸信用金庫の3者は昨年12月13~15日、東京・渋谷ヒカリエで、ものづくりに携わる若手作家(=ツクリテ)10人の作品の展示販売会「瀬戸ツクリテの手…

関連記事

和歌山県 橋本商工会議所

橋本商工会議所(和歌山県)は2020年11月14、21、28日の3日間、橋本市内の恋野地区で、ボランティアとして参加した市民らと共にチューリップの球根の植え込み作業を行った。同…

福島県 会津若松商工会議所

会津若松商工会議所は2020年11月27日から、金曜日に会津若松市内の女性農業者(=農業女子)の生産物を販売する「農業女子の野菜直売会」を開始した。12月までは毎週、21年1月…

福井県 敦賀商工会議所

敦賀商工会議所は、「敦賀真鯛(まだい)」の地域ブランド化を目指し、新メニューの開発に力を入れている。2020年7月には敦賀市在住の個人を対象にレシピを募集。9月に応募15作品…