国税庁 チャットボットで相談 確定申告に向け試験導入

国税庁はこのほど、税務相談の新しいチャネルとして、「チャットボット」を試験導入した。導入期間は2020年3月31日まで。今回の試験導入では、令和元年分の所得税の確定申告のうち、「医療費控除」や「住宅ローン控除」などの各種控除を中心に、給与収入や年金収入がある者のよくある質問に回答する。

チャットボットとは、利用者が知りたい情報について、メニューの選択や、フリーワード(話し言葉、キーワードなど)を入力すると、AI(人工知能)を活用して自動で回答を表示するシステム。チャットボットの導入により、税に関する疑問を曜日や時間に関係なく気軽に質問でき、国税庁ホームページに掲載されている情報へより短時間でたどり着くことができる。

詳細は、https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tokushu/info-chatbot.htmを参照。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする