日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2018年8月11日号 宇津井輝史

のちに冒険家と呼ばれる堀江謙一さんが、米サンフランシスコの港にヨットを着けたのは1962年8月12日の夕方だった。わずか19フィートのマーメイド号で単独無寄港太平洋横断を達成した。94日間かけた快挙である。だが日本政府は、旅券不所持の堀江さんに密出国の容疑をかける。日本のメディアも不法行為を糾弾した。

▼一方アメリカ合衆国は23歳の若者を温かく迎え入れた。サンフランシスコのジョージ・クリストファー市長は「米国民は皆こんなふうにこの国に来た。コロンブスのときもパスポートは省略した」と堀江さんを称え、名誉市民の鍵を渡した。粋な計らい、寛大な措置に米国の懐の深さを見た。

▼移民に門戸を開く米国は外国製品にも開かれていた。自国市場へのアクセスを容易にし、終始自由貿易体制をリードした。日独の戦後復興を支えたのも米国市場だった▼その米国に昔日の面影はない。米中間の関税報復合戦はもはや経済戦争。保護主義が台頭すれば自由貿易が脅かされる。サプライチェーンを通じて日本も打撃を被る。米国自身の雇用にもプラスにはなるまい。だが問題はトランプ一人なのか。

▼グローバル化の波を制御できない国家に苛立ちを深める人々がトランプ大統領を生んだ。同じ現象は欧州各国でも勢いを増す。先進国で顕在化していないのは日本ぐらいだ。これをポピュリズム、危険な保護主義と一蹴しては何も解決はしない。

▼少しずつ何でも作れる国はない。得意な産品をたくさん作って互いに融通し合うモデルも、所得の分配までは手が回らない。経済効率と民主主義はそもそも相性が悪い。だが自由貿易を堅持しつつ、主権国家の意義と役割を再構築する大きな理論が必要な時代である。

(文章ラボ主宰・宇津井輝史)

次の記事

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

本年6月、新たな「観光ビジョン実現プログラム」が発表された。2016年3月の「明日の日本を支える観光ビジョン」展開のための具体的プログラムである。もともとのビジョンが、「…

前の記事

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

デジタル化がもたらす「創造的破壊」の波を受けて、既存の企業が脅威にさらされている。しかし、破壊される対象はなにも企業に限らない。経済、政治、社会など私たちの生活を規…

関連記事

観光未来プランナー 丁野朗

もう何度目かの訪問となるが、3月半ば、福井県の九頭竜川上流域にある勝山市の平泉寺白山神社を訪ねた。平泉寺は、717(養老元)年に泰澄によって開かれた1300年の歴史を持つ古…

コラムニスト 宇津井輝史

インドでは街中を牛が闊歩する。神の使いゆえ、クラクションを鳴らしてはいけない。一方デリーのような大都会で猿が走り回り、生活圏でトラの恐怖と隣り合わせのインドは野生の…

都市にも「逆転」は起こり得る。パリの中央部をゆったりと流れるセーヌ川。今でこそ観光客でにぎわう名所だが、19世紀半ば頃は、異臭が立ち込めるコレラ菌の発生源であった。当…