日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2018年8月1日号 神田玲子

デジタル化がもたらす「創造的破壊」の波を受けて、既存の企業が脅威にさらされている。しかし、破壊される対象はなにも企業に限らない。経済、政治、社会など私たちの生活を規定している制度そのものも、対象となる。

▼18世紀のイギリスで始まった産業革命時も、既存の制度が廃止され、それに代わる新しい制度が生まれた。絶対王政の下で特権階級に与えられていた独占的権利は、力を増した産業資本家にも開放された。労働者やその家族の生活を守るために社会保障制度が生まれた。自由と公正という普遍的な価値に基づく制度が、200年という長い年月をかけて置き換わっていったのが近代の歴史である。

▼デジタル化、特に人工知能が主導する産業革命は、今、始まったばかりである。機械学習を取り入れた商品・サービスの開発に企業がしのぎを削っている。人工知能の使用は、われわれに未知の問題を提起する。事故を起こしたときの責任問題、企業によるビッグデータの独占、サイバー攻撃、軍事利用としての在り方などだ。これらは、既存の制度では、とても対応しきれない。

▼到来するデジタル時代にふさわしい制度とはどのようなものだろうか。デジタル社会の本質は、人と人とが対等な関係でつながることによる社会的な価値の創造にある。そこでは、インターネットを味方に、多くの人と信頼関係を築いた「個人」が社会の主役に位置付けられる。仲間とつながる個人の力を最大限に生かす制度がデジタル時代にふさわしい。自由、公正に続く、第三の価値を何とするのか、そこにヒントが隠されているはずだ。一人一人が答えを見つけなければ、創造的破壊の波を乗り越えることはできまい。

(神田玲子・NIRA総合研究開発機構理事)

次の記事

コラム石垣 2018年8月11日号 宇津井輝史

文章ラボ主宰 宇津井輝史

のちに冒険家と呼ばれる堀江謙一さんが、米サンフランシスコの港にヨットを着けたのは1962年8月12日の夕方だった。わずか19フィートのマーメイド号...

前の記事

コラム石垣 2018年7月21日号 中山文麿

政治経済社会研究所代表 中山文麿

日本経済を覆っている人手不足は相当深刻になってきた。建設業とサービス業においては、雇用のミスマッチもあって危機的な状況だ。例えば、2017年...

関連記事

コラム石垣 2021年10月1日号 中村恒夫

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

来年に予定される韓国の大統領選では、有力候補の1人がベーシックインカム(最低限所得保障制度)の導入を主張している。日本でも選挙公約に盛り込...

コラム石垣 2021年9月21日号 丁野朗

日本観光振興協会総合研究所顧問 丁野朗

観光にとって地域の文化財や文化資源の重要性は改めて指摘するまでもない。▼昨年5月に制定された文化観光推進法は、博物館・美術館などのミュージ...

コラム石垣 2021年9月11日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

人を外見で識別するのは顔である。コロナ禍では、顔という個人情報がマスクで守られる。顔は多くの動物にある。食物の摂取機能からみて顔の始まり...