日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2018年7月21日号 中山文麿

日本経済を覆っている人手不足は相当深刻になってきた。建設業とサービス業においては、雇用のミスマッチもあって危機的な状況だ。例えば、2017年度の建設業と介護サービス業の有効求人倍率は4倍前後と人手が足りない。帝国データバンクの資料でも人手不足による企業倒産が増加している。

▼これまで人手不足対策として、女性や高齢者、外国人の活用が言われてきた。最初の女性については、男女雇用機会均等法などの導入によって、日本社会に特有なM字カーブはほとんど見えなくなった。また、次の高齢者、つまりシニアの活用については、定年制の延長や再雇用年齢の引き上げなどによって、今や日本における65歳以上の就業率は主要国の中で最も高い。

▼最後の外国人の活用については、移民問題とも相まって積極的な政策が打たれてこなかった。しかし、現実的にはコンビニ店などで外国人労働者の接客に遭遇することが多くなった。また、東京都にある日の丸交通株式会社では12カ国から30人もの外国出身のドライバーが社員として働いている。

▼政府も外国人労働者の受け入れ拡大策として建設、農業、介護など5業種について、来年の4月から新たな在留資格を設け、25年までに50万人超の外国人労働者の就業を目指す考えだ。

▼この先、人手不足問題は2040年問題として真剣に対応する必要がある。この年には、団塊ジュニアも高齢者の仲間入りをして高齢者人口がピークとなる。一方、生産年齢人口は、今より1600万人も減少することが予想されている。これからの人口減少社会において、外国人労働者の活用を国民の間で議論を深め多くの人が納得する制度設計を行うべきだ。

(中山文麿・政治経済社会研究所代表)

次の記事

コラム石垣 2018年8月1日号 神田玲子

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

デジタル化がもたらす「創造的破壊」の波を受けて、既存の企業が脅威にさらされている。しかし、破壊される対象はなにも企業に限らない。経済、政...

前の記事

コラム石垣 2018年7月11日号 中村恒夫

時事通信社常務取締役 中村恒夫

来春新卒の大学生による就職活動は早くも終盤戦を迎えつつある。数社から内定を獲得し、辞退理由をどうすべきか苦慮する学生も少なくないようだ。...

関連記事

コラム石垣 2021年10月1日号 中村恒夫

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

来年に予定される韓国の大統領選では、有力候補の1人がベーシックインカム(最低限所得保障制度)の導入を主張している。日本でも選挙公約に盛り込...

コラム石垣 2021年9月21日号 丁野朗

日本観光振興協会総合研究所顧問 丁野朗

観光にとって地域の文化財や文化資源の重要性は改めて指摘するまでもない。▼昨年5月に制定された文化観光推進法は、博物館・美術館などのミュージ...

コラム石垣 2021年9月11日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

人を外見で識別するのは顔である。コロナ禍では、顔という個人情報がマスクで守られる。顔は多くの動物にある。食物の摂取機能からみて顔の始まり...