日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2018年7月11日号 中村恒夫

来春新卒の大学生による就職活動は早くも終盤戦を迎えつつある。数社から内定を獲得し、辞退理由をどうすべきか苦慮する学生も少なくないようだ。一方で、新卒後3年以内の離職率は依然として高い。変わったのは「今の職場が不満だから」という消極的な理由から「より良い待遇、やりがいを求めて」といった前向きな考えの若者が増えている点だ。

▼「転職癖がついている人は採用しにくいとする見方は時代に合わない」と話すのは技術力の高さで有名な中堅企業の経営者。かつての早期離職組は、本人が飽きっぽい性格であったり、入社先がいわゆるブラック企業だったりするケースが多かった。追い込まれる形で退職すれば、好条件の転職先を見つけるのも容易ではない。しかし、人手不足を背景に、待遇がアップする企業に転職するケースが珍しくなくなっている。先の経営者も「以前では考えられなかった有能な人材が、転職を希望してきている」と指摘する。

▼若年層が先行する形で、今や本当の意味での転職市場が形成されてきていると言っていい。多くの人事担当者は若手の離職率低下を目標に掲げて対応に苦しんでいるが、むしろ発想の転換が必要ではないか。「退職した若手の後任を新卒で穴埋めする」のではなく、既卒者を含めて幅広い視点から採用活動をすべきだろう。他企業で働いた経験のある従業員を受け入れれば、組織に良い刺激を与えるはずだ。

▼ただ以前の従業員が持っていた愛社精神を彼らに期待してはいけない。「会社のため」「生涯働くため」という気持ちは希薄だ。ハラスメントや法律に触れそうな行為に直面すれば、当局に通報することをためらわないと覚悟しておく必要がある。

(時事通信社常務取締役・中村恒夫)

次の記事

政治経済社会研究所代表 中山文麿

日本経済を覆っている人手不足は相当深刻になってきた。建設業とサービス業においては、雇用のミスマッチもあって危機的な状況だ。例えば、2017年度の建設業と介護サービス業の…

前の記事

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

地方都市を旅すると、その景観にがくぜんとすることが少なくない。特に空港や主要駅からの沿道には、全国チェーンの商業施設の派手な看板が立ち並び「私は一体どこの町に来たの…

関連記事

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

東京都を除外する異例の形で始まった「GO TOトラベル」。その成果や問題点を巡ってはいまだに議論もある。しかし、このキャンペーンの背後で、コロナ禍に立ち向かい、地域の事…

コラムニスト 宇津井輝史

戦争が終わって75年が経つ。コロナ禍の終戦記念日はひっそりと過ぎていった。1世紀の四分の三という遥かな時間はどういう意味を持つか。何よりもまず、この間、この国はいかな…

NIRA総合研究開発機構理事 神田玲子

慶應義塾大学の創設者である福澤諭吉の『文明論之概略』には次の一節がある。「西洋諸国の学問は人民一般の間に起こり(中略)学者の事業にて、其行はるるや官私の別なく、唯学者…