日商 Assist Biz

更新

YEG(青年部)フラッシュ 2019年度日本YEGスローガン Next age, the future of YEG ~ 新時代の幕開け 同志と共に力と情熱を結集し、未来の創造へ前進 ~

田中 暢之(たなか・のぶゆき) 2019年度日本YEG会長 (各務原YEG所属)

会長所信

2019(平成31)年度は、新しい元号に変わる初年度となります。商工会議所は、創立以来140年を超える歴史を有し、「明治」「大正」「昭和」「平成」と常に時代の移り変わりの際には、次代をけん引すべく、さまざまな活動を通して地域の発展に寄与してきました。そして、我々YEGは、商工会議所活動の一翼を担い、その歴史に新たな1ページを刻むべく、これまで以上に力と情熱あふれる活動を展開することが求められています。

高齢化や少子化による労働人口の激減が叫ばれる昨今、働き方や企業の在り方の変化を時代は強く求めており、我々青年経済人が果たさなくてはならない役割は、日々増大しています。全国的に中小企業・小規模事業者数は減少の一途をたどっており、商工会議所会員企業数もまた減少している中、YEG会員は全国で3万4000人を超え、年間約1000人増加し続けています。これも、われわれYEGへの期待の表れであり、果たすべき役割が重要化、多様化してきているということであると考えます。

創業時の経営力向上や第二創業のひらめき、販路拡大、ビジネスパートナーとの出会いを期待してYEGへ入会するメンバーがほとんどの中で、日本YEGが、そのあるべき姿を考えなければならない。全国組織であるYEGのスケールメリットを生かせる団体へとさらに進化しなければならない。強い思いを持った“同志”が力を合わせれば、全国の各単会のため、単会メンバーのために存在する日本YEGは未来をけん引する力を持った集団へと前進できます。

YEGへ入会すれば企業にとって個人にとって、メリットは明らかです。YEGが存在するから、地域が活気づき、未来を担う子が健やかに育ち、安心して豊かな生活を営むことができます。YEGが行政との懸け橋になるから、地域経済が活性化し、地域福祉が向上していきます。これがYEGの本質であると考え、それを明確に打ち出した事業展開を行ってまいります。

先を見据えた行動をとることは、青年経済人として当然のことです。未来を見据えたYEGの姿を全力で表現していきます。

"この国の未来を創るのは、俺たちだ!"

求められ、愛される。そんな団体へ。先達の思いを受け継ぎ、同じ時代に活動する同志と共に前進してまいりましょう。よろしくお願いいたします。

全国大会で引き継がれた会長の襷(たすき)

3月9日に開催された日本商工会議所青年部第38回全国大会『日本のひなた みやざき大会』には、過去最高となる6746人の参加登録があったが、その記念式典の中で、大会コンセプトである『未来を襷に込めて』の言葉通りに、2018年度日本YEG内田茂伸会長から2019年度日本YEG田中暢之会長へとしっかりと襷(たすき)をつなぐことができた。

田中会長がかじを取る新時代の日本YEGにさらに期待したい。

取材・写真撮影:日本商工会議所青年部(日本YEG)広報委員会

2019年度 日本YEG運営方針

全国47都道府県全ての地域で活動する418単会および45道府県連、9ブロック、3万4000名を超えるメンバーが在籍する青年経済人の団体として、資質の向上と会員相互の交流を通じ、企業の発展と豊かな地域経済の実現を目的として以下の方針において運営を行う。

1.広報活動

日本YEGで行う事業は、全国のメンバーのために日本YEG出向者が作り上げ、その事業を全国のメンバーへ周知できるように活動する。

また、YEGの価値向上、地位を向上させるための活動をしていく。

2.研修活動

全国のメンバーが求める研修事業を展開していく。

中でも、研修事業であるBPC(ビジネスプランコンテスト)を周知し、参加・活用を促進する。

3.提言活動

地域からの要望や意見を集約し、行政とのディスカッションを行い、提言活動に繋げていく。

4.ネットワーク活動

日本YEG加盟間もない単会を訪問し、課題などを聞き取る。また、希望単会を募り、訪問しディスカッションを行う。 友好青年団体等とのネットワーク構築を行い、スケールメリットの向上に努める。

過去5年間において活動してきたネットワーク事業の集大成となるように、蓄積されたデータや課題解決策を各単会へフィードバックしていく。

5.交流活動

同業種や異業種との交流事業を展開し、販路拡大や第二創業への閃きに繋がるように活動する。

各単会において開催される事業で、日本YEGへ参加オファーのある事業について、支援や協力をしていく。

6.国際交流活動

台湾など、日本YEGが交流を続ける国や地域との交流を行う。

また、海外商工会議所からのオファーにも対応する。

7.コンサルタント活動

販路拡大や第二創業を目論むメンバーへ最適なアドバイスのできるメンバーの紹介や、支援を行う。

また、YEGへ入会するメリットの一つとなれるような活動を行う。

日本各地で続く天災により、被災した会員企業地域の復興支援を行う。

8.各大会の運営

全国大会、全国会長研修会、ブロック大会における企画・運営を主管YEGと協力し、YEG外への発信と、組織力強化に繋がるように活動する。

次の記事

宮崎県 宮崎YEG

全国のYEGでは、地域の特性に応じたさまざまな事業に取り組んでいる。今回は、宮崎YEG(宮崎県)が、2012年から毎年開催している「みやざき産業祭」について紹介する。7回目と…

前の記事

北海道 岩見沢YEG

最終回でご紹介するYEGメンバーは、2017年2月に開催された「第36回全国大会いわみざわ大会」の実行委員長として、日本YEG会長 内田茂伸さんと共に歩んできた岩見沢YEG 道下秀之…

関連記事

福岡県 大牟田YEG

▼設立当時のことをお聞かせください設立に関しては親会で何度か議論が行われてきましたが、会頭の強いリーダーシップにより女性会と併せて設置の舵(かじ)を切っていただき、6人…

秋田県 大館YEG

「緊急事態宣言」が解除された後も、ネット通販を利用する傾向は続いている。今回は家にいながらにして全国のいいもの&おいしいものが購入できるネットショッピングサイト「YE…

栃木県 日光YEG/新潟県 新潟YEG連合会

4月17日の政府による「緊急事態宣言」の発令で、休業や外出の自粛などを余儀なくされました。こうした中、三つの密(密集、密接、密閉)を避けるため、Web会議システムを使って…