観光土産品審査会 第59回 vol.4 国土交通大臣賞(グローバル)

1個4500円(税抜き)

岐阜県岐阜市にある「家田紙工」は、創業以来一貫してちょうちん用紙(和紙)の加工販売を行っている。また、これまで培ってきた和紙の加工技術を生かし、アートとクラフトの出会いをコンセプトに、和紙を主体とした企画商品も製作している。

この度、国土交通大臣賞を受賞した「Origami Jewel 水くるまピアス」は、ユネスコの無形文化遺産に登録された伝統的な美濃和紙の製法による本美濃紙を一つ一つ丁寧に折ってつくられたアクセサリーだ。最高級の那須楮(こうぞ)だけで漉(す)かれた本美濃紙でつくられており、和紙特有の透明感とつやのある仕上がりになっている。

審査員からも「美しい日本の手仕事」「女性向けのかわいらしい形状。もらった人は、必ず喜ぶ商品」といった称賛の声が上がった。

次の記事

観光土産品審査会 第59回 vol.5 日本商工会議所会頭賞(菓子)

かくれたりんご

青森県八戸市にある「小泉製菓」は、素材の味を生かしたお菓子づくりに取り組んでいる。青森県の特産品といえば、誰でも思い付くのがリンゴだろう...

前の記事

観光土産品審査会 第59回 vol.3 経済産業大臣賞(民工芸)

木のブックカバー(青森ひば材)

青森県八戸市にある「舘 タテグ工芸」は、南部花形組子の製作・販売、各種木工製品製作を行っている。その技術を生かしたのが、この度、経済産業...

関連記事

観光土産品審査会 第61回 vol.8 日本商工会議所会頭賞(民工芸部門)

越前焼薄作りコラボ盃・コースターセット

鮮やかな色を施した越前焼の盃(さかずき)に組子調のコースターを組み合わせ、越前和紙でパッケージした「越前焼薄作りコラボ盃・コースターセット...

観光土産品審査会 第61回 vol.7 日本商工会議所会頭賞(食品部門)

canささ 笹かまアヒージョ

笹かまぼこを香り豊かなアヒージョに仕立てた缶詰「canささ 笹かまアヒージョ」。宮城県塩竈で80余年、笹かまぼこをつくり続ける「武田の笹かまぼ...

観光土産品審査会 第61回 vol.6 日本商工会議所会頭賞(菓子部門)

山陰の味 大風呂敷

日本商工会議所会頭賞(菓子部門)に選ばれたのは、鳥取銘菓「山陰の味 大風呂敷」。良質な餅米を使った柔らかいきな粉餅に、鳥取県の特産品である...