日商 Assist Biz

更新

「下町育ちの再建王」の経営指南 復活力 コーチング

前回は、カウンセリングのすごい力について浅田真央さんの例を挙げましたが、今回はコーチングの成功事例をもっと身近な話で紹介しましょう。トップは社員に対してコンサルティング、コーチング、カウンセリングなどあらゆる形でバックアップし、成長を促すわけですが、それはコンサルタント業務も同じです。

あるとき、大阪市内で2軒のはんこ屋さんを経営している社長から「今日は心斎橋の店を見てもらえますか。15年前に出店してこの8年は息子に任せてきたのですが、うまくいかないんです」という相談を受け、見にいきました。北側には大阪の中心的業務地区の船場があり、南側は名だたる飲み屋街。その間に位置する普通のまちのはんこ屋さんです。

ご子息は大学を出てから、3年間よそで修業して実家に入って、心斎橋の店の責任者になりました。すでに私のチラシセミナーを受けており、それで何とかやっていけてるものの、既存のお客さまが徐々に減っていることを悩んでいました。はんこ屋の場合はチラシを打ったら、他にはあまりなす術がないので、親父さんに話を聞いてみました。

「この店のオープン時はどうやってお客さまを集めましたか?」

「そりゃぁ、伝票一式の見積もりをつくって商店や会社の総務を回り、他社を上回るスピード感と小回りを強調したんですよ。飲み屋街の方は18時から20時に看板に電気が入ったところからドアを叩いて、領収書一部でも電話一本でお届けしますよっていう営業をやりましたねー」と言うではありませんか。聞いてみると、ご子息はこういった泥臭い営業をやっていませんでした。

即座に方針は決まりました。現在の営業時間の10時から18時までを14時から22時に変え、14時から20時まではパートに店番をしてもらって、18時以前は船場方面、それ以降は飲み屋街の営業に出る。20時以降は店にいて、急な注文に自分で対処することにしました。ご子息も本気で取り組んだので、2年で業績は元以上に戻ったのです。

これをコーチングと言います。答えは全て自分たちが持っていたのです。しかし本人たちはそのことに気が付かない場合が非常に多いのです。コーチングでもカウンセリングでも、リーダーは状況を因数分解し、行く先までの道筋を共に確認したうえで、明かりを指さし背中を押します。そして大事なことは、目的を達成するまで経過を共に確認する、ということです。

小山 政彦(こやま・まさひこ) 株式会社 風土 代表取締役会長 (前 船井総合研究所 代表取締役会長) 1947年、東京生まれ。開成高校卒。早稲田大学理工学部数学科卒業後、実家のディスカウントストア経営に携わる。84年、船井総合研究所に入社。6年後には売り上げ3億円のNo.1コンサルタントになる。2000年の社長就任後は大証2部から東証1部上場、離職率20%台を6%までに改善、賞与支給No.1企業など経営者としても手腕を振るう。10年には代表取締役会長に就任。13年3月をもって退任し、現在は㈱風土代表取締役会長を務める。著書に『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社)、『9割の会社は人材育成で決まる!』(中経出版)など多数

お問い合せ先

社名:株式会社 風土

TEL:03-5423-2323

担当:髙橋

次の記事

小山政彦

この3カ月はさまざまな事例を挙げて、復活力についてご紹介しています。復活といっても、日産自動車の社長兼最高経営責任者、カルロス・ゴーンさんが手腕を発揮した業績のV字…

前の記事

小山政彦

トップの役割の一つに、社員が抱えている仕事や個人的な問題を共に考え、バックアップするという重要な業務があります。私の仕事は、企業やプロジェクト、あるいは組織のトップ…

関連記事

小山政彦

経営者にはさまざまな視点の思考が必要で、「Think Globally,Act Locally:地球規模で考えて足元から行動せよ」は、まさに今大切です。が、それに加えていただきたいのは、Thi…

小山政彦

科学の進歩にともない時代が変わると、価値観も大きく変化します。180度変わることを意味する「コペルニクス的転回」という言葉も、天動説の時代から地動説に変わったことに由…

小山政彦

“コロナの時代”、という新たな局面に、私たちは突然投げ込まれました。多くの人が想定したことのない、このような状況の中でも、経営者は先を見据え、組織の安定を考え続けなけ…