日商 Assist Biz

更新

「下町育ちの再建王」の経営指南 復活力 カウンセリング

トップの役割の一つに、社員が抱えている仕事や個人的な問題を共に考え、バックアップするという重要な業務があります。私の仕事は、企業やプロジェクト、あるいは組織のトップや次世代の支援ですが、実際やらせていただいていることは、コンサルティング、コーチング、カウンセリング、ティーチング、エデュケーションなど、多岐にわたるバックアップ。ですから、トップの皆様と私は同じ役割を担っているわけです。そこで、本連載数回に分けて、さまざまなバックアップの方法について紹介させていただこうと思います。

コンサルティングというのは「こうやると、こうなります」という仮説に基づいて業績を伸ばすことです。コーチとは馬を上手に走らせる人のこと。野球のコーチも選手にノウハウを教える人のことで、目的は人の能力アップです。カウンセリングとは、スランプの相手をどう立ち直らせるかの指導をすること。またティーチングというのは、しつけ・マナーをはじめ、営業の方法などを教育することです。そしてエデュケーションというのは、基礎教育を施しつつも、その人の持っている資質ややりたい事など、良いところを引き出すことを指します。リーダーは時によって、手を変え品を変えながら部下を育てていく、というわけです。

さて、昨今、目の覚めるようなカウンセリング効果を私たちは体験しました。

フィギュアスケートの浅田真央選手がソチオリンピックのショートプログラムの演技で、3回転半のジャンプ、トリプルアクセルで失敗して転び、後のジャンプにも失敗して16位。日本中が胸を痛めた時のことです。フィギュアスケートの大技ジャンプは、的確なスピード、100分の1秒ほどの蹴るタイミング、体の軸の微妙な傾きなど繊細な要素が揃った時に成功するもので、これはもう感性の問題だと聞きます。大会で大事なジャンプを大失敗すると、感覚を元に戻すのに一年かかる場合もあり、一回の失敗が原因で選手生命を終える一流選手もいるほど、感覚が乱されるものらしいのです。

しかし翌日、真央ちゃんは最高の演技を見せてくれました。

この回復劇には、佐藤信夫コーチの言葉があったことをお聞き及びの方も多いと思います。「今まで練習してきたことを信じれば大丈夫。全て忘れて気合を入れていけ。何かあったら助けに行く」。

素晴らしいカウンセリングとコーチングは、回復に一年かかるダメージを一晩で立て直すことができる、すごい力を持っているのです。

小山 政彦(こやま・まさひこ) 株式会社 風土 代表取締役会長 (前 船井総合研究所 代表取締役会長) 1947年、東京生まれ。開成高校卒。早稲田大学理工学部数学科卒業後、実家のディスカウントストア経営に携わる。84年、船井総合研究所に入社。6年後には売り上げ3億円のNo.1コンサルタントになる。2000年の社長就任後は大証2部から東証1部上場、離職率20%台を6%までに改善、賞与支給No.1企業など経営者としても手腕を振るう。10年には代表取締役会長に就任。13年3月をもって退任し、現在は㈱風土代表取締役会長を務める。著書に『ベタ惚れさせるマネージメント』(講談社)、『9割の会社は人材育成で決まる!』(中経出版)など多数

お問い合せ先

社名:株式会社 風土

TEL:03-5423-2323

担当:髙橋

次の記事

小山政彦

前回は、カウンセリングのすごい力について浅田真央さんの例を挙げましたが、今回はコーチングの成功事例をもっと身近な話で紹介しましょう。トップは社員に対してコンサルティ…

前の記事

小山政彦

3月号では独自固有の長所を磨き、お客さまを惹きつける個性の重要性について紹介しました。今回は、それが見つからない場合の生き抜き方です。25年間私が指導している靴の流通…

関連記事

小山政彦

経営者にはさまざまな視点の思考が必要で、「Think Globally,Act Locally:地球規模で考えて足元から行動せよ」は、まさに今大切です。が、それに加えていただきたいのは、Thi…

小山政彦

科学の進歩にともない時代が変わると、価値観も大きく変化します。180度変わることを意味する「コペルニクス的転回」という言葉も、天動説の時代から地動説に変わったことに由…

小山政彦

“コロナの時代”、という新たな局面に、私たちは突然投げ込まれました。多くの人が想定したことのない、このような状況の中でも、経営者は先を見据え、組織の安定を考え続けなけ…