日商 Assist Biz

更新

挑む!キャリア教育編 vol.2 地域住民が事業所訪問 草加

地球儀の製造体験も人気のコース

少子高齢化が急速に進む中、若年者を取り巻く雇用環境も厳しさを増している。日本の将来を担う人材を育成すべく、教育支援や協力活動などキャリア教育を活発に行い、顕著な功績を挙げている好事例を紹介する。

草加商工会議所(埼玉県)では平成18年度から、「草加ものづくり探検隊」事業を実施している。小学3年生以上の児童とその保護者を対象に、地域の製造業事業所を訪問するもので、「地域製造業への理解促進」、「草加のものづくりに関わる人材育成」、「製造業事業所を外部に紹介し、将来の『観光産業』に生かす」という3つをテーマに開催している。

同市は、埼玉県有数の工業地域であり、住宅と工場が混在している場所が多い。そのため、住民に工場側の立場を理解してもらう必要がある。また、市内製造業への就業人口も年々減少しており、将来の市内製造業を担う人材の育成も視野に入れている。

事業所訪問では、レザークラフトや金属加工など工業分野の製造体験、ブルーベリーやニンジンなど農作物の収穫体験を実施。事業開始当時は参加者97人、訪問事業所9社であったが、平成26年度は参加者380人、訪問事業所17社にまで成長した。昨年度は募集人数を約100人も上回る応募があるほどで、参加児童からは、「将来自分でやってみたい」との感想が寄せられている。

同所は、「今年度からは、新たに大人向けのコースも設定した。幅広い世代に向けての理解とPRを図っていきたい」と話している。

次の記事

少子高齢化が急速に進む中、若年者を取り巻く雇用環境も厳しさを増している。日本の将来を担う人材を育成すべく、教育支援や協力活動などキャリア教育を活発に行い、顕著な功績…

前の記事

少子高齢化が急速に進む中、若年者を取り巻く雇用環境も厳しさを増している。日本の将来を担う人材を育成すべく、教育支援や協力活動などキャリア教育を活発に行い、顕著な功績…

関連記事

少子高齢化が急速に進む中、若年者を取り巻く雇用環境も変化を遂げている。今回の「挑む」では、町内の小学生を対象に、商業体験の機会を創出する事業を継続実施し、好事例を生…

少子高齢化が急速に進む中、若年者を取り巻く雇用環境も変化を遂げている。今回の「挑む」では、小学生とその保護者を対象に、地域に根差したものづくり工場見学を実施し、地域…