日商 Assist Biz

更新

こうしてヒット商品は生まれた! 流氷ドラフト

天然色素のクチナシを用いた鮮やかなブルーがオホーツクの海を、ほんのり青みがかった泡が流氷を思わせる。330㎖瓶432円、350㎖缶291円(ともに税込)

北海道網走市で1998年に発足した網走ビール。オホーツク産のさまざまな原料を使用してクラフトビールを製造してきた同社が、2008年に発売した「流氷ドラフト」が異例の快進撃で飲む人の心を引きつけているのは、苦みを抑えたすっきりさわやかな飲み口もさることながら、世界に例を見ないビールの色“オホーツクブルー”だ。

“ほかにはない”を追求した先にあった「青」

ビールといえば黄金色が一般的だが、ほかにも白濁した黄色、琥珀色、赤、黒、緑などさまざまな種類がある。しかし、世界広しといえども青いビールは存在しなかった。それを世に先駆けて実現したのが、網走ビールが製造販売する「流氷ドラフト」である。同商品は、網走の冬の風物詩である流氷を仕込み水に使用。澄み渡るオホーツクの海の色をクチナシの天然色素で再現した、鮮やかなブルーのクラフトビール(地ビール)だ。

「地元産の原料を使用して、“ほかにはない”ビールを追求した結果、着目したのが色でした」と社長の長岡拓児さんは説明する。

同社は、網走市民有志による「網走地ビール研究会」が発端となり、1998年に設立されたクラフトビールメーカーだ。94年の酒税法改正で、東京農業大学オホーツクキャンパスが日本の大学で初めてビールの試験醸造免許を取得したことを受け、「その技術を生かして地ビール会社をつくろう」という機運が高まり、ビール会社の起業に至った。

同社は「地元の原料、地元の技術、地元の資本」を基本理念に掲げて、地元産大麦麦芽を主原料に、農大の技術的支援を受けながら「ヴァイツェン」「エール」「ピルスナー」などのビールを製造販売していた。ところが、地ビールブームが去るとともに業績が悪化する。

「黄金色+青=緑」の難題をクリア

2007年、民事再生を申し立てた同社の経営を引き継いだのが、同市内にあるタカハシだ。同社は道内でカラオケ店などのアミューズメント事業を広く展開する会社で、ビール製造は専門外だったが、窮地に陥った地元企業の再生に乗り出した。

その第一歩として取り組んだのが、網走らしさを前面に出した新商品づくりだ。網走といえば流氷、流氷といえばオホーツクの海ということで、浮かんだイメージが“青”だった。

「ヴァイツェンやピルスナーもおいしいですが、昔からあるビールですし、他社でもつくられています。当社の母体はサービス業で、驚きや意外性を大切にする風土があるので、見た目のインパクトを重視しました」

ビール醸造については、国内でも珍しい「三釜」を使用し、ドイツの伝統的な「デコクション法」で、コクや風味を引き出すことに成功した。

しかし、肝心の色は一筋縄ではいかなかった。ビールは基本的に黄金色のため、青を混ぜると緑色になってしまう。当時つくっていた、ビールにミルクを加えた「ビルク」という商品をヒントに、いったん乳白色にしてから青を加えたりもしたが、透明感が出なかった。

「試行錯誤の末、麦芽の使用比率を変えて透明に近いビールをつくってから、色素を加える方法を編み出し、ようやくクリアなブルーを出すことができました」

既存商品のブラッシュアップを欠かさない

08年2月に発売された“オホーツクブルー”青いビールは、地元新聞にカラーで紹介された。すると瞬く間に注目を集め、日本橋髙島屋など百貨店に販路を獲得する。口コミを聞きつけたバイヤーが買い付けに訪れてさらに販路が広がり、クラフトビール業界でヒットとされる10万本をわずか半年で売り上げ、一気に看板商品となった。

同商品に続いて、同社は四季シリーズをプロデュースする。オホーツクの夏をイメージした赤い「はまなすドラフト」、知床の春の新緑をイメージした緑の「知床ドラフト」、ジャガイモやマタタビを使用した紫の「じゃがドラフト」といったラインナップだ。どれも色が特徴的で香りも良く、味わいもフルーティーなことから、ビールの苦手な人や女性にも受け、10年にはクラフトビール出荷量道内1位を記録した。

ただし、当時は加熱処理をしない製法をとっていたため、保存期間が冷蔵で3カ月と短く、道外や海外への販路拡大のネックとなっていた。そこで加熱処理機を導入し、保存期間を6カ月にまで延ばした。ところが、加熱すると青い色が飛んでしまうという新たな問題が発生した。当時は色素にスピルリナという藻の一種を使っていたが、熱に弱いのだ。そこで色素をクチナシに替え、鮮やかで濃い青が保てるようになった。

「『流氷ドラフト』に限らず、常に商品のブラッシュアップを行っています。例えば、『はまなすドラフト』の原材料を地元産サクランボに替えて、よりフルーティーな『桜桃の雫』にリニューアルしました。また、網走監獄をイメージした『監極の黒』や、『網走プレミアムビール』など、新商品も随時加えています」

需要増加に対応するため、17年に自動充填機を導入して生産体制を強化した。工場の規模に合わせて特注したもので、それまで手作業で1時間に350本だった充填が、最大で約3000本と飛躍的に増加し、コスト削減も実現。昨年は発売10周年を記念してラベルを刷新し、年間出荷本数は53万本と過去最高を記録した。

順調な伸びを続ける同商品だが、今後どのような展望を描いているのか。

「目下の目標は、アメリカへの販路開拓です。日本だとクラフトビールのシェアは1%程度ですが、アメリカでは20%近いというデータもあります。すでに中国、台湾、香港、イギリスなどに輸出していますが、当社の事業全体の10%程度なので、需要の高いアメリカに打って出たい」と長岡さんは次の目標に向けて自信を見せた。

会社データ

社名:網走ビール株式会社

所在地:北海道網走市南6条西2-1

電話:0152-45-5100

HP:https://www.takahasi.co.jp/beer/

代表者:長岡拓児 代表取締役社長

設立:1998年

従業員:17人

※月刊石垣2019年3月号に掲載された記事です。

次の記事

森紙器株式会社

段ボールケースの製造から始まり1964年に設立した森紙器は、販促用POP、遊具や家具など、オリジナル紙製品の開発にも力を入れ、着実に事業を拡大してきた。その中でも異例のヒ…

前の記事

株式会社くればぁ

豊橋市にあるくればぁは、1966年に縫製業でスタートし、89年に繊維製品を中心としたアイデア商品開発製造卸業として新たに設立された会社だ。同社の主力であるメッシュフィルタ…

関連記事

株式会社北見ハッカ通商

国内唯一のハッカの産地・北海道北見市で、ハッカ製品の製造・卸売業を営む北見ハッカ通商。創業以来の主力商品であるハッカ油は、長い間日の目を見なかったが、地道な営業努力…

株式会社マーナ

2022年に創業150周年を迎える生活雑貨メーカー・マーナ。長い歴史の中で数々のアイデアグッズを世に出し、ヒットに導いてきた同社で堂々の看板を張っているのが、15年に発売さ…

株式会社リンクライン

特例子会社として2010年に設立したリンクライン。当初よりせっけんの製造・販売を主事業とし、機械では表現できないフォトジェニックな商品づくりに取り組んできた。そんな同社…