おすすめ書籍 子どもの能力は9歳までに決まる

子どもの能力は9歳までに決まる

大久保博之 著

著者の大久保氏は水戸商工会議所(茨城県)の会頭を務め、茨城県の教育委員会委員長などを歴任してきた。脳科学を教育現場で活用し続けてきた経験と、40年間で5万人を育ててきた実績から、教育で大切なのは「9歳」までということにたどり着いた。そこで、幼稚園と小学校の一貫校を全国で初めて立ち上げ、「9歳」で学習スタイルを分ける教育を現場で実践し続けている。本書ではそれらの教育実績に基づき、家庭でも簡単に実践できるよう、超具体的なノウハウを惜しみなく掲載している。

(四六判/253ページ/1400円(税抜き)/サンマーク出版)

次の記事

おすすめ書籍 中小企業BANTO 認定試験 公式テキスト

全国経理教育協会

「中小企業BANTO認定試験」は、経営、会計・財務、税務、法務、ビジネスコミュニケーションの基本的なスキルが身に付く新資格。中小企業の「番頭さ...

前の記事

おすすめ書籍 危機感なき茹でガエル日本 ─過去の延長線上に未来はない

経済同友会

「ぬるま湯に浸かっているカエルは、徐々に水温を上げても気づかず、やがて熱湯になったときには逃げ出すことができずに『茹でガエル』になってし...

関連記事

おすすめ書籍 実践! 下請法 ~セミナー・出前講義でも使用中~ 2021年8月改訂版

全国中小企業振興機関協会

公益財団法人全国中小企業振興機関協会がセミナーや企業への出前講義で使用するテキストの改訂版。下請法などの関係法令や標準基本契約書、下請法...

おすすめ書籍 よけいなひと言を好かれるセリフに変える 働く人のための言いかえ図鑑

大野萌子

仕事の人間関係は、その「ひと言」でがらりと変わる―。2万人にコミュニケーション指導をしてきたカウンセラーの著者が、「言い方」で損をしない言...

おすすめ書籍 渋沢栄一と安岡正篤で読み解く論語/ジェトロ貿易ハンドブック2021

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する...