日商 Assist Biz

更新

情熱ぴーぷる 第13回女性起業家大賞・グロース部門 優秀賞

「女性ならではのアイデア」を形にしながら鳥取発の地域ブランド創出を目指す

ブリリアントアソシエイツ株式会社 代表取締役 福嶋 登美子

漫画を切り口に、愛する鳥取の「食」「文化」「観光」を発信

ブリリアントアソシエイツ株式会社 代表取締役 福嶋 登美子

北欧視察が起業のヒントに

専業主婦だった私の最初の転機は、夫が家業のステンレス加工会社を継ぎ、社長に就任した平成10年のことでした。夫をサポートするべく総務部長を引き受けた私は、女性の感性を生かし、ステンレス加工の付加価値を「メタルアート」というオブジェ制作に結び付けようと、新商品開発チームを立ち上げました。事業は大成功し、大手ディスプレー会社や著名な華道家とのコラボレーションに発展。自社事業の建築業界から新分野への進出を、大きく後押ししました。

ちょうどそのころ、鳥取県の男女共同参画推進課によるスウェーデン視察の機会に恵まれました。国会議員、そして大臣の半数が女性というこの国では、女性の社会進出は当たり前。非常に刺激を受けたことを覚えています。そして、視察に際して知った、地元・鳥取県内の女性の就業率の高さにも驚きました。当時、鳥取女性の就業率は全国で2、3位と、素晴らしい数字。でも、そんな地域だからこそ、彼女たちが心から癒やされる場所も充実しているべきではないか。非日常的な空間で「美と健康に特化した癒やしのサービス」を提供すれば、多くの働く女性を応援できるのでは――。視察を通して国内外の現状に触れた私は、平成16年に起業。山陰地方初の、高級ホテル併設のエグゼクティブビューティーサロンを開設したのです。

「想いを形にしたい」と観光と食分野へも進出

サロンは順調に売上を伸ばし、現在では2軒が営業中ですが、その後も私の事業に大きな転換期が訪れました。起業から2年後の平成18年、観光地として人気が高まる鳥取市の賀露港に、市場料理の店を開店することになったのです。「美」「健康」というテーマに「地域資源」と「食」が加わり、私たちの事業は鳥取の食文化の発信へと広がりました。

もっと地域活性化に貢献したいという私の〝想い〟はさらに「漫画」「観光」「文化」というテーマを結び付けた「鳥取発の地域ブランド創出」へと動き出します。平成23年には女性をターゲットとして、少女漫画を切り口に「貴婦人になれるまち『鳥取』」を提案。『とっとり山の手物語』という架空の物語を生み出し、かわいらしい4姉妹や白亜の洋館で働く白うさぎ、といったキャラクターと連動させた観光プログラムをプロデュースしました。エコツーリズムを実現する三輪自転車タクシーを使った観光コース巡り(春夏限定)は、貴婦人の衣装で鳥取観光を楽しめると、女性客に大好評。鳥取空港を起点に、当社運営の食やアートにまつわるスポットを結ぶ周遊バス「貴婦人号」も運行中です。

昨年、10周年事業として開発に取り組んだ食品「華貴婦人のピンク華麗」(野菜のビーツで色付けしたピンクのレトルトカレー)も、おかげさまでヒットしています。当社の強みである「発想の転換」を武器に、これからも新たな商品の開発とサービスの提案を通し、地域社会に貢献できるビジネスを追求していきたいと思います。

会社データ

社名:ブリリアントアソシエイツ株式会社

所在地:鳥取市

創業:平成16年

事業概要:ビューティーサロンの運営、地域資源を生かした観光と食のプロデュース業など

※月刊石垣2015年3月号に掲載された記事です。

次の記事

情熱ぴーぷる 第13回女性起業家大賞・スタートアップ部門 奨励賞

株式会社ウエルシーライフラボ

全ての始まりは9年以上前のこと。出産を機に敏感肌がさらに悪化した私は、肌に優しいとされる無添加化粧品ですら刺激を感じるようになっていました...

前の記事

情熱ぴーぷる 第13回女性起業家大賞・スタートアップ部門 優秀賞

株式会社サンクラッド

私は3人の子を持つシングルマザーですが、サラリーマン時代は仕事中心の生活で、子どもたちと過ごす時間が少ないことが悩みでした。そして、障がい...

関連記事

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・スタートアップ部門特別賞

特定非営利活動法人アイル

当社は、0歳から幼稚園児までの児童発達支援と、小学生から高校生までの障がい児の通所やショートステイができる事業所として、保護者が安心して子...

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・グロース部門奨励賞

株式会社Temari

私自身、高校生のころからビジネス系に興味を持っていました。高校は附属大学のある女子校で、学ぶこと自体は好きなのですが、一方向の座学が好き...

情熱ぴーぷる 第19回女性起業家大賞・スタートアップ部門特別賞

株式会社lojus

23歳当時、IT企業に勤務していた私にはお金も時間もありませんでした。そんなときに恋人が余命1年と宣告され、支えることも一緒にいる時間もなか...