日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2019年5月11日号 中村恒夫

新たな元号がスタートした。4月に「平成最後の新入社員」と歓迎されて入社した若者たちも、1カ月を経て「令和最初の新人」としての活躍が期待され始める時期である。若手が成果を上げれば、企業が活性化するのは間違いない。

▼平成の初めはバブル経済全盛だった。低成長の現在とは大きく異なるが、新卒の就職が圧倒的な売り手市場である点は同じだ。就活で苦しまなかったバブル世代は、その後の金融危機やリーマンショックの中で逆に厳しい局面に立たされてきた。今や、どの企業でも、人員構成の平準化を進める上で、就職氷河期世代とバブル世代の扱いが課題になってきている。

▼令和の新人に望むのは「会社に属する従業員」にとどまらずに「一人のビジネスマン」として確固たる基盤を築くことだ。企業もそうした視点を持って若手を育ててほしい。個々の企業の経営理念や社業の目的はもちろん重要だが、社内でしか通じない古いノウハウに社員を縛り付けてはいけない。会議の手順、顧客への営業方法など時代に合わせて見直すべきなのに、十年一日のごとく同じ作業を繰り返し、結果的に競争力を失った企業は少なくない。時代の変化を肌で感じている若手の「普通の感覚」を活用してこそ、新たなビジネスチャンスの可能性が広がると思う。

▼人手不足が続く今の段階では、早期離職・転職が増えるのはやむを得ない。人材の流動化自体は産業界にとっても有益だろう。ただ本来は、単なる労働力ではなく、ビジネスマンとしての能力を高め、第三者から見ても適切な市場価値を付けられる存在になることが望ましい。個々の企業も社会全体への効果を考慮し、若手への投資を惜しむべきではない。

(時事通信社常務取締役・中村恒夫)

次の記事

コラム石垣 2019年5月21日号 中山文麿

中山文麿・政治経済社会研究所代表

最近の宇宙に関する新しい知見には目を見張るものがある。重力波の測定やブラックホールの映像化など実に胸がワクワクする。今度ははやぶさ2がもた...

前の記事

コラム石垣 2019年4月21日号 丁野朗

東洋大学大学院国際観光学部客員教授 丁野朗

凡そ人の住むところには必ず産業・生業(なりわい)がある。生業がなければ人は生きていけないからである。こうした生業を生かしたツーリズムの試み...

関連記事

コラム石垣 2021年10月1日号 中村恒夫

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

来年に予定される韓国の大統領選では、有力候補の1人がベーシックインカム(最低限所得保障制度)の導入を主張している。日本でも選挙公約に盛り込...

コラム石垣 2021年9月21日号 丁野朗

日本観光振興協会総合研究所顧問 丁野朗

観光にとって地域の文化財や文化資源の重要性は改めて指摘するまでもない。▼昨年5月に制定された文化観光推進法は、博物館・美術館などのミュージ...

コラム石垣 2021年9月11日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

人を外見で識別するのは顔である。コロナ禍では、顔という個人情報がマスクで守られる。顔は多くの動物にある。食物の摂取機能からみて顔の始まり...