日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 名水「すこサイダー」人気 ツイッターで注目

すこの葉をハートに見立てたラベルデザインが印象的。華やかなパーティーなどの席にもお勧め

大野商工会議所(福井県)が、大野市の湧き水と郷土料理「すこ」のエキスを使ったご当地サイダー「すこサイダー」を発売した。ほんのりピンクに染まったやさしい色合いと、甘酸っぱい風味が特徴で、若者たちがツイッター上で使う「すこ=好き」という言葉をかけた商品名「すこ(好き)サイダー」として話題を呼んでいる。

同所プロデュースによる開発プロジェクトが動き出したのは2017年のこと。農業、商業、行政関係者9人の連携チームが議論と試作を繰り返して商品化した。ご当地サイダーブームと、同市の特産品であるサトイモのアピールにつながることに注目した開発メンバーは、地元の蔵元が酒の仕込み水に使用する湧き水を使って、同市産原料にこだわった。

「すこ」はさといもの一種であるヤツガシラの茎「赤ズイキ」を甘酢漬けにした郷土料理で、このエキスを3%配合して、天然由来のやさしいピンク色を表現。食物繊維やカリウム、カルシウムを多く含み、美容食としても注目度が高い。その甘酸っぱい味はすっきりと飲みやすく、天然のピンク色はシャンパンを思わせる華やかさがあることから、バイヤーからはブライダルやパーティーでの需要も期待されている。

今年2月に東京ビックサイトで行われたグルメ展示会でも好評を得ていたすこサイダーは、5月末のツイッター投稿で2・5万件の「いいね」と、1・1万件を超えるリツイートがあるなど注目を集めている。 「大野に行けばすこサイダーが飲めると、誘客にもつなげたい」と語る同所松田勉専務理事。年間1万本販売を目指し、今後は、市内の小売店や東京都内のアンテナショップのほか、ネット販売も検討中だ。

次の記事

岡山県 総社商工会議所青年部

総社商工会議所青年部(岡山県、総社YEG)は4月29日、総社市内の備中国分寺周辺で開催された「第34回吉備路れんげまつり」に参加し、女性会と共に赤米(あかごめ)の餅と「総社YEG…

前の記事

神奈川県 茅ヶ崎商工会議所

茅ヶ崎商工会議所(神奈川県)に事務局を置く実行委員会は5月25~26日の2日間、初夏の恒例イベント「湘南祭」を開催した。毎年4月中旬に行われる大岡越前祭の一環で、25年前に始…

関連記事

宮崎県 宮崎県商工会議所連合会

宮崎県商工会議所連合会(会頭:米良充典宮崎商工会議所会頭)や県スポーツ協会(会長:春山豪志宮崎放送代表取締役会長)、県教育委員会(日隈俊郎教育長)など21団体・企業でつくる…

大分県 臼杵商工会議所青年部会

臼杵商工会議所青年部会(大分県、臼杵YEG)と臼杵青年会議所は、毎年7月に行われる「臼杵祇園まつり」が今年、新型コロナウイルスの流行により見送られたことから疫病退散を願う…

山口県 小野田商工会議所

小野田商工会議所(山口県)と山陽小野田市、山口フィナンシャルグループの3者は7月28日に合同記者会見を開き、同所が事務所を置く市商工センターの再整備に官民連携事業の手法の…