検定最優秀者たたえる

三村会頭(前列左から2人目)と受賞者ら

日本商工会議所は4日、2018年度に日商が実施した日商簿記、リテールマーケティング(販売士)、日商PC(文書作成、データ活用)検定試験の最優秀合格者などに対する表彰式を行った。表彰式では、それぞれの最上級試験の合格者のうち、各回において最も優秀な成績を収めた5人と、18年11月に開催した日商簿記の団体戦である日商簿記検定全国大会の優勝チームをたたえ、日商の三村明夫会頭から表彰状が贈られた。(関連記事2面に)

同表彰は、受験者の向上心を高め、検定事業の振興を図ることを目的に1976年度に創設。今回で43回目となる。

受賞者は次の通り(カッコ内は試験回数・受験商工会議所名)。※敬称略・順不同 【日商簿記】奥村隆志郎(第149回・熊本)、栗山達也(第150回・福島) 【リテールマーケティング(販売士)】谷口真彦(第83回・東京) 【日商PC(文書作成)】塚元裕加里(18年10月7日施行・大阪) 【日商PC(データ活用)】伊藤哲士(18年10月7日施行・船橋) 【日商簿記検定全国大会】大原簿記医療観光専門学校津校(津)

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20221月号

特集1
老舗に学ぶ経営哲学 100年企業が守ってきた“わが家の商法”

特集2
新たな波が大きなチャンスになる!地域企業連携で新エネルギーに挑む

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする