常議員会 西浦教授が講演

新型コロナの流行データ分析を説明

日本商工会議所は5月21日、第695回常議員会・第280回議員総会をオンラインで開催。会議の中で、厚生労働省クラスター対策班、北海道大学大学院医学研究院社会医学分野の西浦博教授が「新型コロナウイルス感染症の流行データ分析」と題し講演した。

西浦教授は新型コロナの流行に際して、コンピューターでシミュレーションする「数理モデル」でウイルスの流行状況の特徴を明らかにする疫学研究に取り組む。2020年1月末から共同研究者と共に次々と論文を発表し、記者会見やメディアの取材に対応して、感染拡大防止のための情報を提供している。29年2月25日、同対策班に参画。

クラスターの共通項を見つけて、類型化すれば、より有効な行動変容を呼び掛けることができるはずだとの認識の下、多くの人に感染させた人は「密閉」された環境にいたことが分かったこと、患者の集積が起きる環境では人が「密集」していること、「密接」した関係で発話があることから、後に「3つの密(3密)」と呼ばれる条件を特定した。流行拡大を防ぐには人との接触を8割削減することが必要であることを3月から提唱し、インターネット上で「8割おじさん」と名乗る。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする