日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 新発田YEG 熱気あふれる雑煮合戦 来場者2万5000人に

大勢の来場者で熱気あふれる会場

新発田商工会議所青年部(新潟県)は1月8日、市役所新庁舎・ヨリネスしばたで「第13回城下町しばた全国雑煮合戦」を開催した。同イベントは、平成16年より同青年部がまちおこしを目的として毎年1月に開催しているもの。全国各地から挑戦者(出店者)を募り、地元の伝統的な具沢山雑煮「新発田雑煮」と日本一を競う。今回は、同県をはじめ北海道、広島など7道県から38店が参加、来場者約2万5000人でにぎわった。

当日は青空の下、各地の伝統的な雑煮や趣向を凝らした創作雑煮が提供され、開始と同時にあちこちで行列ができた。同イベントでは一般来場者による投票と審査員による審査の2部門で審査が行われ、優勝雑煮には「征夷大将軍」の称号が贈られる。今回の征夷大将軍には村上商工会議所青年部(新潟県)の「光るダシ! 越後村上臥牛山(がぎゅうさん)雑煮」が選ばれた。これは牛肉と野菜を山のように盛り、その上にはらこ(イクラ)を乗せたもの。味や独創性など全ての項目で高得点を得、優勝を勝ち取った。また、地元企業がご当地アイドル「Negicco(ねぎっこ)」とコラボレーションした雑煮なども好評だった。会場では「開運餅まき」や「看板娘コンテスト」などのイベントも行われ、終日にぎわった。

同イベントの雑煮に使用する餅は、地元の子どもたちとその保護者が「田植え体験」で手植えし収穫した新潟産もち米「こがねもち」を地元の食品会社が加工したもの。毎回、これを全参加店に配布している。また、同イベントではリサイクル可能な容器を使用してごみ減量化に努めたり、無料シャトルバスを運行して車での来場を減らし、排気ガス削減につなげるなど環境に配慮している点も注目されている。

次の記事

福岡県 久留米商工会議所

久留米商工会議所(福岡県)は昨年12月21日、久留米工業高等専門学校との間で連携・協力に関する締結式を行い、協定を締結した。締結式では同所の本村康人会頭と久留米高専の三川…

前の記事

山形県 長井商工会議所

長井商工会議所(山形県)は、長井市で古くから栽培されてきた「菊芋」を特産品とするため、加工技術の開発や販路拡大へ向けた取り組みを行っている。平成27年4月に同所が中心と…

関連記事

香川県 高松商工会議所

高松商工会議所(香川県)は、経営者の高齢化、後継者不在などに伴う中小企業の廃業危機に対応するため、従来の「事業引継ぎ支援センター」と「ネットワーク事務局」を統合した…

長野県 飯田商工会議所

飯田商工会議所(長野県)は、飯田市、市議会と共に、2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出実質ゼロを目指す「2050年いいだゼロカーボンシティ宣言」を3月19日に行った。宣言の…

岡山県 岡山商工会議所

岡山商工会議所は、創立140周年に当たり、「2030年に向けたまちづくり提言」を策定。松田久会頭らが3月29日に大森雅夫市長に手渡し、実現を求めた。提言は、岡山市を日本一住み…