日商 Assist Biz

更新

コラム石垣 2014年8月1日号 宇津井輝史

負けた試合には価値がないのだろうか。スポーツを観る私たちは確かに勝敗に一喜一憂する。サッカーW杯など国際試合では国の勝利が国威発揚と結びつく。そこに商業主義が入り込む。

▼日本はブラジル大会で一度も勝てなかった。気迫を欠く日本社会を映すようにも見えた。サッカーの実力をつけるのが容易でないのを実感した人も多かろう。

▼サッカーは気迫と技術と頭脳のゲーム。敵の動きを予測し、次の展開を瞬時に読む判断の連続である。それを支えるのが球際の強さだ。両軍入り乱れての白兵戦だから「自分たちのサッカー」など、よほど力の差がない限りできない。相手の良さを消し、敵に思うような動きをさせないことこそサッカーの基本である。

▼欧州で活躍する選手も増えた日本だが、実力は相撲でいえば前頭下位。三役力士がひしめくW杯で勝つにはどうするか。迂遠だが、強国への道はサッカー民度を高める以外にない。

▼欧州や中南米の強豪国の選手が球際に強いのは国民のサッカー民度の反映だ。準決勝でドイツに惨敗したときのブラジル国民の落胆はその裏返しだろう。決勝トーナメントの各国の闘いは実に見応えがあった。一瞬の隙が勝敗を分かつこの競技の本質をどの国民も理解し、ゴールへの戦略を共有しているように見えた。対する日本。芸人を集めて「絶対勝つ」などと根拠もなくテレビで騒ぐのが悪いとは言わない。だが実力以上に強いと勘違いする空気は国民を鍛えない。

▼きれいに勝とうとするサッカーの時代は終わった。強い組織を目指して全体と個をどう調和させるか。全員が課題を共有し、自社の強みを生かして勝機を逃さない展開を経営者がどう作り出すか。W杯を経営の良き教訓としたい。

(文章ラボ主宰・宇津井輝史)

次の記事

コラム石垣 2014年8月21日号 丁野朗

公益社団法人日本観光振興協会総合研究所長・丁野朗

地域に残る歴史的建造物群や固有景観、さらには伝統の食や工芸品などは、観光にとっては最大の資源である。その資源が魅力的で価値を発信し続ける...

前の記事

コラム石垣 2014年7月21日号 神田玲子

神田玲子・総合研究開発機構研究調査理事

熱気に包まれたサッカーのワールドカップが終わった。世界中からサポーターがブラジルに集まり、試合を盛り上げた。そんな中、リオでこんなネット...

関連記事

コラム石垣 2021年10月1日号 中村恒夫

時事総合研究所客員研究員 中村恒夫

来年に予定される韓国の大統領選では、有力候補の1人がベーシックインカム(最低限所得保障制度)の導入を主張している。日本でも選挙公約に盛り込...

コラム石垣 2021年9月21日号 丁野朗

日本観光振興協会総合研究所顧問 丁野朗

観光にとって地域の文化財や文化資源の重要性は改めて指摘するまでもない。▼昨年5月に制定された文化観光推進法は、博物館・美術館などのミュージ...

コラム石垣 2021年9月11日号 宇津井輝史

コラムニスト 宇津井輝史

人を外見で識別するのは顔である。コロナ禍では、顔という個人情報がマスクで守られる。顔は多くの動物にある。食物の摂取機能からみて顔の始まり...