日商 Assist Biz

更新

採用活動に配慮を 内閣府などが要請

日本商工会議所はこのほど、内閣府、文部科学省、厚生労働省、経済産業省より、新型コロナウイルス感染症への対応を踏まえた2020年度卒業・修了予定者などの就職・採用活動および19年度卒業・修了予定者などの内定者に特段の配慮をするよう要請された。

要請内容は、20年度卒業・修了予定者などに関しては企業説明会、エントリーシート、採用選考活動についての3点。企業説明会については、現時点で全国一律の自粛要請を行うものではないが、新型コロナ拡大防止の観点から、感染の広がりや会場の状況などを踏まえ、開催の必要性を改めて検討することを求めている。開催する場合は、出席者へのマスクの着用や手洗いの推奨、アルコール消毒薬の設置、こまめな換気の実施など感染の拡大防止に十分配慮することおよび学生が出席できなかったことをもって、その後の採用選考に影響を与えることがない旨を積極的に情報発信すること、また中止・延期の場合は、学生の交通、宿泊への影響に鑑み、可能な限り速やかに中止・延期の連絡を行い、インターネットをはじめ多様な通信手段を活用した代替的な企業説明会を積極的に実施することとしている。

エントリーシートについては、学生が企業を理解する十分な機会を確保するため提出期限の延長を検討するとともに、こうした対応を実施する場合には、積極的に情報発信することを要請。

採用選考活動については、学生が企業を理解する十分な機会を確保し、雇用のミスマッチを防止するため、20年6月1日以降の開始を順守すること、採用選考日程を後倒しにするなど柔軟な日程の設定や秋採用・通年採用などによる一層の募集機会の提供を行うとともに、その旨を積極的に情報発信すること、学生の意向にも配慮しつつ、インターネットをはじめ多様な通信手段を活用した面接や試験を実施し積極的に情報発信することを挙げている。

19年度卒業・修了予定などの内定者に関しては、採用内定の取り消しを防止するため、最大限の経営努力を行うなど、あらゆる手段を講じることおよびやむを得ない事情により採用内定の取り消し、または採用・入職時期の延期を行う場合には、対象者の就職先の確保に最大限の努力を行うとともに、対象者からの補償などの要求には誠意を持って対応することを求めている。