採用活動に配慮を 内閣府などが要請

日本商工会議所はこのほど、内閣府、文部科学省、厚生労働省、経済産業省より、新型コロナウイルス感染症への対応を踏まえた2020年度卒業・修了予定者などの就職・採用活動および19年度卒業・修了予定者などの内定者に特段の配慮をするよう要請された。

要請内容は、20年度卒業・修了予定者などに関しては企業説明会、エントリーシート、採用選考活動についての3点。企業説明会については、現時点で全国一律の自粛要請を行うものではないが、新型コロナ拡大防止の観点から、感染の広がりや会場の状況などを踏まえ、開催の必要性を改めて検討することを求めている。開催する場合は、出席者へのマスクの着用や手洗いの推奨、アルコール消毒薬の設置、こまめな換気の実施など感染の拡大防止に十分配慮することおよび学生が出席できなかったことをもって、その後の採用選考に影響を与えることがない旨を積極的に情報発信すること、また中止・延期の場合は、学生の交通、宿泊への影響に鑑み、可能な限り速やかに中止・延期の連絡を行い、インターネットをはじめ多様な通信手段を活用した代替的な企業説明会を積極的に実施することとしている。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする