観光庁 DMO事例集発行 海外の取り組みも掲載

観光庁はこのほど、国内の観光推進体制の現状に関するアンケートや国内外のDMOに関する先進事例などの調査結果を公表した。アンケート調査では、予算・人員の規模感や意思決定・資金調達の仕組みなどわが国の観光推進体制の現況を整理。先進事例の調査では、国内事例として広域連携DMOから「一般社団法人せとうち観光推進機構」、地域連携DMOから「一般社団法人雪国観光圏」、地域DMOから「豊岡版DMO機構」「NPO法人阿寒観光協会まちづくり推進機構」を取り上げ、その概要と先進的な取り組みについて解説している。

一般社団法人せとうち観光推進機構は、瀬戸内を共有する兵庫県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県の7県が設立した任意団体を基に民間企業が参画し、2016年3月に発足。地方銀行と日本政策投資銀行は、推進機構と連携し、瀬戸内ブランド推進体制を構築するため、経営支援や資金支援を行う組織を設立した。

海外事例としては、米国、欧州(スイス、ドイツ)、オセアニア(オーストラリア、ニュージーランド)の事例を掲載。各国のDMOに関する取り組みの概要などを紹介している。

詳細は、http://www.mlit.go.jp/kankocho/topics04_000061.htmlを参照。

この記事をシェアする Twitter でツイート Facebook でシェア

月刊「石垣」

20225月号

特集1
〝二刀流〟で逆境に打ち勝つ! 主業務×自社ブランドで販路拡大

特集2
コロナ禍を乗り越えて長続きする会社へ 人材が活性化する職場の仕組みをつくる

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

会議所ニュース

月3回発行される新聞で、日商や全国各地の商工会議所の政策提言や事業活動が満載です。

最新号を紙面で読める!

詳細を見る

無料会員登録

簡単な登録で無料会員限定記事をすぐに読めるようになります。

無料会員登録をする