セレクト地域短信 クルーズ船寄港を商機に 訪日客取り込み活性化

5月20日にオープン以来の累計来場者数が3000万人を突破した水木しげるロード

米子、境港(鳥取県)、松江、出雲、安来(島根県)商工会議所などで構成する中海・宍道湖・大山圏域市長会は5月23日、大型クルーズ客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」の境港寄港に際し、隣接する「夢みなとタワー」の特設ブースで土産品の販売を実施。出店者は各商工会議所の会員企業など11事業所。乗船客やクルー約4700人が買い物を楽しんだ。また、市内で観光を楽しむ姿も見られ、まちはにぎわいを見せた。

今回、境港に寄港した「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」は、上海から5泊6日の行程で催行されたツアーに用いられた大型クルーズ客船。船内でもさまざまなアトラクションが楽しめる人気の客船だ。境港には去年に引き続き2度目の寄港で、短時間ではあるものの、大勢の乗船客(主に中国人)が一度に押し寄せることから、地域では商機と捉えている。

特設ブースで販売された商品は、特産品のほか、バッグや食器、賞味期限の長いジャムなど、乗船客のニーズに応えるものを用意。「短時間でさまざまな商品を一度に購入できる」と、好評を博した。

また、境港の市内中心市街地へ散策に出掛ける乗船客も多く見られた。同市の観光名所である「水木しげるロード」では、人気の妖怪キャラクターが出迎え、一緒に記念撮影をするなど、乗船客を楽しませた。

一方で、市内の飲食店では、銀聯(ぎんれん)カードと呼ばれる多くの中国人観光客が所持しているキャッシュレス決済可能なカードが非対応だったり、中国語の表記が不十分だったりと、混乱が生じるケースもあった。今後、受け入れ態勢についてさらに検討することが急務であることも浮き彫りとなった。

境港商工会議所は、「近年、大型クルーズ客船のほかにも、欧米からの小・中型客船の寄港も相次いでいる。観光客に楽しんでもらうことも大切だが、地域住民や事業者にとっても快適なまちであってほしい。地域活性化を後押しするためにも、積極的にサポートしていきたい」と話している。

次の記事

セレクト地域短信 女性500人が奉納総踊り 平和願って練り歩き

千葉県 成田商工会議所

成田商工会議所(千葉県)は成田市観光協会とともに5月7日、「成田山平和大塔まつり奉納総踊り」を開催した。まつりは昭和59年、世界平和と万民の幸...

前の記事

セレクト地域短信 金融機関6社と覚書締結 小規模事業者を支援

静岡県 浜松商工会議所

浜松商工会議所(静岡県)は5月16日、地域金融機関6社(日本政策金融公庫浜松支店、静岡県信用保証協会、静岡銀行、浜松信用金庫、遠州信用金庫、磐田...

関連記事

セレクト地域短信 三井住友海上と連携協定 企業の育成・振興図る

三重県 亀山商工会議所

亀山商工会議所(三重県)は、会員企業の育成・振興による経営支援で地域経済活性化につなげるため、三井住友海上火災保険と包括連携協定を6月21日に...

セレクト地域短信 抗原検査センター設置 無料、予約不要で簡単に

大分県 宇佐商工会議所

宇佐商工会議所(大分県)は、宇佐市と共同で市内に無料で新型コロナウイルス感染症の抗原検査を行う「うさ抗原検査センター」を5月16日から6月30...

セレクト地域短信 地元食材、パエリアで提供 ふるさと納税返礼品に活用

山口県 下松商工会議所

下松商工会議所(山口県)が特産品の養殖魚「笠戸ひらめ」を活用して商品開発した缶詰の炊き込みご飯の素「笠戸ひらめパエリアの素」が、6月に市のふ...