日商 Assist Biz

更新

電子商取引に関する市場調査の調査結果を発表(経済産業省)

経済産業省はこのほど、平成26年度電子商取引に関する市場調査の結果を発表した。

平成26年度の日本国内の電子商取引の市場規模は、消費者向けで12・8兆円(前年比14・6%増)に拡大。企業間については、インターネットを介した取引(狭義)で196兆円(前年比5・0%増)、従来型データ交換システムなども含む取引(広義)で280兆円(前年比4・0%増)まで拡大している。

また、商取引の中で電子商取引が占める割合は、消費者向けで4・37%(前年比0・52ポイント増)、企業間については、狭義で18・3%(前年比0・4ポイント増)、広義で26・5%(前年比0・6ポイント増)と増加傾向にあり、商取引の電子化が引き続き進展している。

詳細は、http://www.meti.go.jp/press/2015/05/20150529001/20150529001.html参照。