日商 Assist Biz

更新

セレクト地域短信 ムスリム体験ツアー開催 ハラール市場進出後押し

東京ジャーミーではモスクの中で説明を聞いた

東京商工会議所は2月26日、「ムスリム体験バスツアー ~ハラール食・礼拝・マナーを体験!~」を開催した。同ツアーは、年々ムスリム(イスラム教信仰者)の訪日旅行者数が増加することを受け、実際に体験することで、受け入れ体制やハラールビジネスに結び付けてもらおうと企画したもの。開催前から注目を集め、申し込み受け付けを開始してから1週間で定員に達するなど、人気ぶりを見せた。

当日は、観光業や食品業の経営者など約30人が参加。まず、日本ハラール協会の四辻英明理事によるムスリムマーケットに関するセミナーを開催し、基礎知識や事例のほか、ビジネス展開のポイントなどを紹介した。

その後、都内の「新宿タカシマヤ」にある、百貨店としては日本で初めて設置された「祈祷室」を視察。百貨店の担当者から設置の経緯や利用状況などの説明を受け、参加者らは見識を深めた。さらに、昼食時は浅草の和食屋「成田屋」に移動。参加者らは店主から原材料や調味料、調理方法などの説明を受け、実際にハラール認証された和食弁当を試食した。その後、「東京ジャーミー・トルコセンター」を訪れ、実際に礼拝を体験。同センターの担当者から、歴史・モスク・礼拝・断食について案内を受け、ムスリムの習慣への理解を深めた。

参加者からは、「宗教の側面まで実体験できて、大変勉強になった」「情報収集が難しいイスラムビジネスの知見を広めることができた」と大変好評を得た。同所では、昨年12月にも「ムスリム観光客受け入れ対応セミナー」を実施しており、今後もハラールマーケットに進出したい会員企業などの要望に応える企画の実施を見据えている。同所は、「ムスリムの方々を正しく理解することがビジネスチャンスにつながる」と話している。

次の記事

徳島県 阿波池田商工会議所

阿波池田商工会議所(徳島県)は2月21日、「第16回 四国酒まつり」を開催。全国各地から延べ2万人が訪れ、にぎわいを見せた。同まつりのメーンイベントは「地酒試飲会」。四国…

前の記事

宮城県

東日本大震災沿岸部被災地区商工会議所連絡会(沿岸地域15商工会議所、東北六県連で構成)は2月17~22日、東京の銀座三越で実施された特産品販売会「東北支援・東京銀座いきな…

関連記事

滋賀県 長浜商工会議所

長浜商工会議所(滋賀県)は3月6日、来春卒業予定の大学生などを対象に、湖北地域(琵琶湖北部)の企業を知ってもらう合同企業説明会「ローカルジョブコレクションLOOK UP!超…

青森県 黒石商工会議所

黒石商工会議所(青森県)は、市民に雪だるまの制作を呼び掛ける「津軽くろいし みんなの雪だるま」事業の一環として雪だるまの写真コンテストを実施し、3月1日に結果を発表し…

高知県 高知商工会議所

高知商工会議所は、花見のシーズンに合わせて毎年開催している高知城周辺をぼんぼりでともすイベントを、3月5日から5月5日まで実施している。初日には点灯式が行われ、青木章泰…