日商 Assist Biz

更新

もらってうれしい大人の手土産 大粒でうまみ成分たっぷり 「十三湖のシジミ」

「青森県十三湖産 活しじみ(大粒ヤマトシジミ)」1kg 2700円(税込み・送料別)

十三湖(じゅうさんこ)は津軽半島北西部にある周囲約30㎞の汽水湖(※)で、俯瞰すると日本海にくちばしを突き出すハトのような形をしている。特産物はシジミ。茨城県の涸沼(ひぬま)や島根県の宍道湖(しんじこ)など、全国にいくつかシジミの産地があるが、その中でも十三湖産のシジミは特上扱いされている。

理由は、大きさと色・艶の素晴らしさ、そして、何といっても味の良さだ。大粒になると25~30㎜にも育つヤマトシジミは、黒々として重量感があり、〝黒いダイヤ〟の異名を持つ。定食のおみそ汁に入っている小さなシジミとは大違いなのだ。

十三湖では一年中シジミ漁が行われるが、シジミが産卵時期に入る6~7月が最も身が肥えておいしいといわれている。また、真冬は冷たい湖水の中で身を守るためにアミノ酸を増やし、うまみ成分が増えるとか。季節によって違った風味を楽しめるのも、十三湖のシジミの特徴だ。

塩だけで味わうシジミ汁をはじめ、バター焼きや茶碗蒸し、炊き込みご飯にシジミラーメン……。さまざまな料理に深みを加えてくれる。肝機能をサポートする成分の一つ、オルニチンの含有量が高く、美容と健康にもよい。少しずつでも毎日食べて楽しい酒を飲みたいですね。 ※淡水中に海水が侵入している湖沼

Data

社名:株式会社トーサム

住所:青森県五所川原市相内実取287-1058

電話:0173-62-3556

Information

電話のほか下記よりネットでお取り寄せも可能

http://www.tosam.co.jp

小林しのぶ 千葉県出身。いつも取材で世界中を飛び回っている行動派の旅行ジャーナリスト、フードアナリスト。食べた駅弁の数は5000食を超え、「駅弁の女王」とも呼ばれている。『ニッポン駅弁大全』(文藝春秋)など著書多数。

次の記事

福井県 小浜市

北陸の旅の楽しみの一つが、「へしこ」を食べること。へしこは若狭の郷土料理で、魚のぬか漬けのことだ。主にサバが使われるが、イワシやフグ、イカなども、へしこになる。生で…

前の記事

広島県 尾道市

白いちりめんと交じり合う、赤や緑や茶色たち。和柄を思わせるこの一袋一袋が愛おしい。赤は「海老ちりめん」。ちりめんの中に小エビが散って、ふっとゴマの香りがする。緑は「…

関連記事

青森県 黒石市

なんと素敵でおいしいコーンスープ! 正確には「嶽(だけ)きみスープ」、初めて出合ったコーンスープだ。嶽きみとは岩木山南麓の嶽高原で栽培されるトウモロコシ。津軽ならでは…

茨城県 水戸市

水戸の名物は黄門様と納豆、そして梅。水戸の偕楽園は日本を代表する庭園のひとつで、天保13(1842)年に徳川斉昭(なりあき)が造園。園内約13haの梅林には約3000本の梅が植えら…

大阪府 堺市

大阪府堺市に住む親戚が、わが家にいつも土産に持ってきた餅菓子。それはそれはおいしくて、いつも母と取り合いになったのを覚えている。やわらかく、つるっとした餅(白玉)に…