日商 Assist Biz

更新

自慢の逸品 伊丹 銘酒と関連商品集合 イチジクを使った新名物も

伊丹の酒をアピールする同所の廣岡貴之さん

各地商工会議所を通じて集まった逸品を、週替わりで東京・秋葉原の食のテーマパーク「日本百貨店しょくひんかん」で販売する「地域うまいもんマルシェ」が好評開催中だ。店舗で販売された人気商品の「こだわり」に迫る。

伊丹商工会議所は、「乾杯は【伊丹のお酒】で!」の垂れ幕をブースに掲げ、酒と酒関連商品を中心に出品した。伊丹は江戸時代、にごり酒から透明な「清酒」を創出したとして「清酒発祥の地」といわれる酒づくりのまち。地元の老舗、小西酒造と伊丹老松酒造からこだわりの酒を紹介した。

清酒「白雪」で知られる小西酒造は、兵庫県産米を100%使用した「吟醸ひやしぼり」を出品。フルーティーで、「ワイングラスで楽しめる日本酒」として人気だ。同社はたるの香りが特徴の「樽酒」も紹介した。伊丹老松酒造は江戸幕府へ「御免酒(ごめんしゅ)」と称される官用酒を納めた歴史を持つ酒蔵。伝統の「御免酒老松」ブランドから純米酒などを出品した。

そのほか、「白雪」の吟醸酒かすを使ったフリーズドライの「白雪かす汁」や、「老松」の酒かすと伊丹産の食材、牛すじ肉をじっくり煮込んだレトルト「老松伊丹酒粕カレー」、ワサビの風味が効いた「酒粕ドレッシング」などがブースに並んだ。

また、伊丹ではイチジクの栽培も盛ん。8月中旬から10月が旬のイチジクは、栄養価が高くお酒を飲んだ後に食べるとよいという。この地元産の旬のイチジクを使った手づくり「いちじくジャム」と、地元ソースメーカー・七星ソースが開発した「いちじく入りとんかつソース」を新たな名物として紹介した。

次の記事

自慢の逸品 横手 新名物が次々と誕生 地域の素材を活用

田舎めしせんべい/横手やきそば/五葉豆(ごようまめ)/ぼだっこまんま/あいすどり庵/日本酒ショコラ/麓渓(ロクトケイ)/麓渓(ロクトケイ)/なんこつスペアリブ/いぶりピクルス/はたはたパイ

横手商工会議所は、「横手の名物や新しい味を知ってほしい」と、地元素材を生かした多様な商品を出品した。「田舎めしせんべい」は、米油で揚げた...

前の記事

自慢の逸品 一宮 地域の食ブランドアピール 新しい特産品づくりにも注力

ベジタブルあられ/清酒木曽三川(さんせん)特別本醸造/玄米油/かりもり粕漬/宮蔵漬

明治時代より毛織物産業が発達した一宮市は、「繊維のまち」として知られる一方、濃尾平野の中央に位置し、古来農業が盛んで農産物も豊富だ。しか...

関連記事

自慢の逸品 西尾 濃さが魅力の緑茶飲料 抹茶と煎茶を絶妙にブレンド

西尾っ茶/西尾の抹茶/ふりふり踊ろっ茶

西尾商工会議所は、西尾市産の抹茶を使用した抹茶入り緑茶飲料「西尾っ茶」を出品した。同市と周辺地域は全国有数の〝抹茶〟の生産地。茶の産地は...

自慢の逸品 甲府 信玄公生誕500年PR 地元銘菓やほうとう販売

桔梗信玄餅/桔梗信玄最中/桔梗信玄餅どら/くろ玉/甲斐の国の守り人/あけの金時/キャラ玉/かくし甲斐路/夏のほうとう

甲府商工会議所は、2021年が〝山梨の英雄〟戦国武将武田信玄公の生誕500年に当たることから、信玄公にちなんだ銘菓や郷土料理のほうとうを出品した...

自慢の逸品 甲府 ご当地カレー、一堂に 定番人気に変わり種も

青い富士山カレー/赤い富士山カレー/シャインカレー/ジョイアルカレー/ほろ酔いカレー/甲州地どり腕っぷしカレー/馬すじカレー/タバジビエ鹿カレー/甲斐の黒にんにくカレー/もろこしカレー/白桃シラップ漬

甲府商工会議所は、山梨県の特産品を使った「ご当地レトルトカレー」を一堂に集め、販売した。県の特産品には甲州牛や甲州富士桜ポーク、甲州地ど...