日商 Assist Biz

更新

おすすめ書籍 ミャンマー経済の基礎知識/慌てず騒がずおもてなし、ちょっとだけ自信がつく超簡単状況別英会話集

ミャンマー経済の基礎知識

水谷俊博・堀間洋平 編著

豊かな天然資源と質の高い労働力を有し、高い潜在性を持つミャンマー。本書は、同国の地理、社会、政治などの基礎知識、そして経済、産業、貿易、投資動向を概観。同国進出に関する実務知識、労働・雇用制度、業種別事情などが盛り込まれており、ミャンマー・ビジネスに役立つ入門書となっている。

(A5判/248頁/ 2160円(税込み)/日本貿易振興機構)

慌てず騒がずおもてなし、ちょっとだけ自信がつく超簡単状況別英会話集

牧野髙吉 著

さらなる観光客の増加が見込まれる日本。本書では、日常だけでなく、ビジネスでもとっさに使える、おもてなしの英語フレーズを収録している。特にビジネス分野については、接客や会計の会話に加え、「販売業」「飲食業」でよく使われる会話も掲載。いろいろな場面や状況で、いざという時に役に立つ一冊だ。

この記事は無料会員限定の記事です。

無料会員登録をすると続きを読めます。

無料会員の方はログイン

次の記事

山上聰/経団連事業サービス人事賃金センター

金融デジタルイノベーションの時代 山上聰著 銀行の未来はソフトウエア会社だ! 近い将来、日本の金融機関は間違いなくグーグルやアリババと戦うことになる。先にやってきた…

前の記事

影島広泰

小さな会社・お店の新・個人情報保護法とマイナンバーの実務 影島広泰著 2017年5月30日に施行された「改正個人情報保護法」。「改正個人情報保護法」の基礎知識・対応策・業…

関連記事

安岡定子/ジェトロ

「日本資本主義の父」渋沢栄一と「歴代総理の指南役」安岡正篤。2人の共通点は、『論語』を徹底的に活用したことにある。全国で『論語』を講義する安岡正篤の孫である著者が、…

足立基浩

和歌山大学副学長の足立基浩教授(日本商工会議所農林水産資源活用・まちづくり専門委員会委員)による新著で、コロナ以後のまちづくりのヒントが詰まっている。数多くの現場を…

井上潤/森俊彦

2月14日に放送開始のNHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公に選ばれ、新一万円札の肖像にも決定している渋沢栄一。渋沢は日本の実業家のリーダーとされる。生涯関係した企業の数…